1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. sumika 2021年上半期振り返り ライブで“生”を実感「満たされてない部分がこんなにもあったんだ」

sumika 2021年上半期振り返り ライブで“生”を実感「満たされてない部分がこんなにもあったんだ」

  • 2021.7.1
  • 168 views

sumikaの片岡健太(Vo./Gt.)と荒井智之(Dr./Cho.)が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。2021年の上半期が終わるということで、この半年の活動を振り返りました。

(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! sumika LOCKS!」6月29日(火)放送分)

片岡:早いもので明日で6月も終わり、2021年も半分が過ぎます。ということで、月並みではあるんですけれども、今夜は僕たちsumikaの2021年の上半期を振り返っていこうと思います!

――sumikaの2021年上半期を振り返り!

【1月】

●SCHOOL OF LOCK! の(1月1日に放送された)2021年1曲目は「フィクション」!

●5th 両A面シングル「本音 / Late Show」をリリース!

【2月】

●レギュラー授業(放送)になる前、4日間限定短期講習として「sumika LOCKS!」を開講!

●オンラインライブ3DAYS開催!

【3月】

●3rdフルアルバム『AMUSIC』をリリース!

【4月】

●レギュラー授業「sumika LOCKS!」開講!

●「Shake & Shake」先行リリース & MV公開!

【5月】

●「VIVA LA ROCK」、「JAPAN JAM」など春フェスに出演!

●花鳥風月ツアー開幕!

●sumika結成8周年!

【6月】

●6thシングル「Shake & Shake / ナイトウォーカー」をリリース!

●6月1日の生放送教室で「クイズ”Shake & Shake”」を開催!

荒井:いろいろあるけれども、やっぱりライブ関係とかはすごく印象に残ってるよね。フェスだったりツアーだったりとかっていうのは、ずっとできてなかったからね。

片岡:帰ってきた感あったよね。

荒井:あったね。やっぱこれ(ライブ)がやりたくてバンドやってるっていう面もすごく大きいな、っていうのを感じたよね。

片岡:うんうん。ステージ上がるときに、曲が始まる前からちょっと泣きそうだったもん。

荒井:そうなんですよ。

片岡:なんかプルプルしちゃって。こう……試合に出れるだけでこんなに感動するんだっていう、スポーツ選手の気持ちになりましたね。

荒井:なったなった。だから、やっぱりライブとかやれなくて、満たされてない部分がこんなにもあったんだ、っていうのをすごく実感したよね。

片岡:そして、みんなのおかげでこの「sumika LOCKS!」が始まりました。今日はせっかく黒板があるので、この半年間を振り返って文字を書いていきましょうか!

――それぞれの2021年上半期

◆荒井『スポンジ』

荒井:個人的になんですけど、やっぱりいろいろあって……去年とかね。で、今年はいろいろなことを、少しずつ動かせていけたじゃないですか。リリースもそうだし、アルバムとかも久しぶりだし、ライブも久々にできて。そういうことをやったときに感じる感情が、なんかすごく新鮮で。喜びとか楽しいとか、そういうものがホントに、自分の中にすごく今まで以上にシューッと入ってきて。やっぱり、自分の状態がある程度乾いたスポンジのような状態だったのかな、と思ったりしていて。こんなにもありがたい、素晴らしいことを過去やらせてもらえていたんだな、っていうことを改めて実感もできたし。そういうことを再確認できてすごくよかったなと思って。だから“スポンジ”だったなってすごく思いました。

上半期は終わったけど、ここから下半期が始まるということで、さらにもっともっとたくさんの楽しい感情とか、感動するような感情を吸収していきたいなと思っています。みなさん、今年あと半分! よろしくお願いします!

片岡:すごい。年末っぽいな……(笑)。

荒井:急な年末感(笑)。

◆片岡『生』

片岡:“生(なま)”でもあり“生(せい)”でもあるんですけど、“生きている”という全部の意味で。やっぱり一つは生きている実感。トモ(荒井)が話していたこととすごく近いと思うんだけど、やっぱり自分は生かされてるなっていう気がしたんだよね。もちろん、生徒のみんな(リスナー)だったりとか、ライブに来てくれる方だったりとか、それこそsumika LOCKS! のスタッフチームの皆さんだったりとか、sumikaのスタッフだったりとかのおかげで自分がいま生きられていて、感動することができていて。で、それをちゃんとこうやって伝える場があるっていう。こういうふうに生でやってるコミュニケーション……それこそライブだったり、生電話したりとか。

LOCKS! では、1対1で向き合って、生(なま)で生(せい)をお互い見せ合うっていうか、「生きてるよね」って言い合うような答え合わせみたいなものが、この半年はすごくいっぱいあったなと思っていて。それを感じることができて、音楽家としてもそうだし、人間としてこうでありたいよなっていうのを改めて気づかせてくれたから。やっとね、ギアがフルに上がってきたなって感じがする。ギシギシ言ってたからさ、体動かすとさ。心の油が足りてないというか。そこに油をさしてくれるのは、やっぱ自分以外の誰かなので……っていうことを、めちゃくちゃ感じたかな。

<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!

パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭

放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55

番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

元記事で読む
の記事をもっとみる