1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「ウサギに砂糖を与えるな」!?ジェームズ・コーデンが『ピーターラビット2』の“予習リスト”を紹介!

「ウサギに砂糖を与えるな」!?ジェームズ・コーデンが『ピーターラビット2』の“予習リスト”を紹介!

  • 2021.6.30
  • 235 views

映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』より、ジェームズ・コーデンが“ピーターラビットの世界をより楽しむための予習リスト”を紹介する特別動画が解禁。(フロントロウ編集部)

“ピーターラビットの世界をより楽しむための予習リスト”が公開!

2021年6月25日に公開となる映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』より、ピーターの声を担当したジェームズ・コーデンが語る“ピーターラビットの世界をより楽しむための予習リスト”の特別映像が解禁となった。

映像では、「ウサギに砂糖を与えるな」「シカはパラセーリングが得意」「結婚式に動物を招いてはいけない」「ファーマーズマーケットは犯罪現場」など、作中の名(迷)シーンを紹介するキーワードの数々が紹介され、最後には、ガラス窓をぶち破ったり、振ったシャンパンを人間にぶちまけるなどの、期待を裏切らないピータの“モフワル”シーンが映し出されている。

『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』のあらすじ

『ピーターラビット』は、シリーズ累計発行部数2億5000万部を超えるウサギを主人公にした絵本。2018年には初めてハリウッドで実写映画化され、世界興行収入が約386億円を超える大ヒットとなった。

実写映画第2弾となる『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は、1作目から3年後を舞台に、再びピーターの暴走が描かれる。

【あらすじ】
前作から3年。ついに、ビアとマグレガーが結婚することに!ここ湖水地方で、ピーターはビアとマグレガーと“家族”として仲良く暮らすはずが、父親気取りのマグレガーに叱られ続け、イライラの毎日。元々マグレガーとは犬猿の仲で、ピーターの父親をパイにして食べた因縁の一族のひとりという遺恨もある。「あんなヤツ、父親じゃない!こんな生活ウンザリだ!」我慢の限界を超えたピーターは、湖水地方を飛び出し大都会へ家出してしまう。そこで出会ったのは、ピーターの父親の親友だったと語るバーナバス。都会でタフに生き抜くバーナバスに父親のような頼もしさを感じるピーター。しかし、人間に恨みを抱くバーナバスは、人家の冷蔵庫から野菜や果物を盗み、都会の動物たちを組織して、人間への復讐の機会をうかがっていた。ある日、バーナバスはイギリス中から市場に集まった最高級ドライフルーツの強奪作戦を計画。認めてもらいたいピーターは、湖水地方の妹や動物の仲間たちをメンバーに加えて作戦に参加する。作戦が成功したかに見えたその時、人間に捕まってしまう妹や仲間たち。最大の危機にピーターの前に現れたのは…まさかのマグレガー?

映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は、2021年6月25日に日本公開。(フロントロウ編集部)

元記事で読む