1. トップ
  2. グルメ
  3. スムージー・ジュース専門店〈Jamba〉から世界初のデリカフェ〈Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI〉がJR東京駅にオープン。

スムージー・ジュース専門店〈Jamba〉から世界初のデリカフェ〈Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI〉がJR東京駅にオープン。

  • 2021.6.30
  • 659 views

〈Jamba〉は、1990年にカリフォルニアで創業したスムージー・ジュース専門店。フローズンの果物・野菜や濃縮100%ジュースを使用し、合成着色料や人工甘味料などを使わずに、自然なものにこだわったメニューを販売しています。今回、JR東京駅にオープンした〈Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI〉は、世界初のデリカフェ。ナチュラル・ヘルシー・ポップをコンセプトに、自分好みに選べるデリプレートやサラダ、ドリンク、スイーツを展開します。

モーニング・ランチ・カフェ、好みに合わせて利用できる〈Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI〉。

1990年にカリフォルニアで誕生してから、世界中に870店舗以上を展開しているスムージー・ジュース専門店〈Jamba〉。国内では「南町田グランベリーパーク」や「東京ドームシティラクーア」などに店を構え、今回で5店舗目となる出店です。

そんな世界中で大人気の〈Jamba〉から、世界初となる新業態のデリカフェ〈Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI〉が、JR東京駅地下1階「丸の内地下中央口改札」そばに誕生しました。

ビタミンカラーが目を引く店内は、42席あってゆったりとしたつくり。Wi-Fiや電源も備えているのでテレワークにもぴったりです。

モーニング・ランチ・カフェメニューも展開。テイクアウトもできるので、一杯のドリンクからお食事まで一日を通してさまざまな目的で利用できます。

世界中の店舗でここだけ! 自分好みに選べる「デリプレート」も登場。

〈Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI〉では、人気のスムージー・ジュースはもちろん、世界初の「デリプレート」や日本初の「サラダ」、「サンドイッチ」なども販売します。

様々なスタイルの食習慣に合わせて、大豆ミートやプラントベースミルクなどのメニューも展開。「デリプレート」では、プロテイン志向やバランス重視など、ダイエット・美容・筋力アップ・免疫力づくりといった、食の目的ごとにアレンジもできます。

日本限定オリジナルスムージー「ソライロ・コージー」とデリプレート。
「フレッシュショット」390円。

看板商品のスムージーは全12種類。クラシックスムージー、プラントベーススムージー、プロテイン入りのパワースムージーなどを気分に合わせて選べます。サイズはスモール、ミディアム、ラージからお好みで。気になるカロリーは100〜400程度の商品が大半なので、ダイエット中にも嬉しいですね。

爽やかな青が印象的な「ソライロ・コージー」は、日本限定商品。パッションフルーツの甘味に塩こうじをプラスした甘じょっぱさが癖になる一杯です。

エナジーチャージの定番として愛されているショットもジンジャーベースで登場。アメリカでは気付けの一杯として、出勤前に飲む方が多いんだとか。

「デリプレート」1,200円〜。

〈Jamba〉世界初のデリプレートは、もち麦入り玄米、メインデリ1種、サブデリ3種、ドリンク(コーヒー or ティー)が付いて1,200円。11種のデリの中から自分好みに注文できます。

「とうきびと豆腐のハンバーグ 和風ソース」「ビーツとケールのマリネ」「グリル根菜」「紫キャベツのコールスロー」を選ぶと、野菜オンリーのヘルシーなデリプレートに。「鶏むね肉のソテー トマトソース」「大豆ミートのチリコンカン」「海老とブロッコリーの豆腐マヨネーズ和え」「キャロットラペ」を選ぶと、タンパク質豊富なデリプレートにも 。

RED。
YELLOW。
GREEN。
BROWN。
WHITE。

見ているだけで元気になれそうな「ワントーンサラダ」(各999円)。〈Jamba〉らしいナチュラル・ヘルシー・ポップを体現したカラフルなサラダは、RED、YELLOW、GREEN、BROWN、WHITEの5種から、気分に合わせて選べます。

「たっぷりキャロットラペのベジサンド」650円。
「メキシカンチーズラップサンド」580円。
「ピービー&バナナのオープンサンド」580円。

野菜だけでも食べごたえのある「たっぷりキャロットラペのベジサンド」や、おやつとしてもおすすめの「ピービー&バナナのオープンサンド」など、テイクアウトに最適なサンドイッチは全6種類。

カフェメニューも日本初展開。

コーヒー豆はJambaオリジナルブレンド。持続可能性のための森林や生態系保全、農薬規制や生産者の労働環境など厳しい基準をクリアした、レインフォレスト・アライアンス認証農園で栽培されたコーヒー豆を100%使用しています。

スイーツも身体に優しい商品がラインナップ。グルテンフリーのバスク風チーズケーキ、バナナとドライフルーツのグラノーラクッキー、キャロットケーキなど全7種をご用意。ティータイムのカフェ利用にもおすすめです。

東京駅直結〈Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI〉。

〈Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI〉では、JambaファンとJambaをつなぐLaboの役割も担います。今後は、コミュニケーションやアンケートをもとにした新メニュー開発など様々な施策を行っていく予定です。

元気がほしい時、気分を切り替えたい時、家族と過ごす時、手軽にフルーツをとりたい時などさまざまなタイミングで利用してみてくださいね。

〈Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI〉
東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1F 改札外(丸の内地下中央口改札そば)
03-6551-2517
8:00~22:00(日・連休最終日の祝日〜21:00)
※施設の都合等により営業時間が変更されることもあります。
公式サイト

元記事で読む