1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【これ、付録です!】ドイツ発「フレディ レック」のランドリーバッグ

【これ、付録です!】ドイツ発「フレディ レック」のランドリーバッグ

  • 2021.6.30
  • 3522 views

数ある家事の中で、あまり楽しむ余地のない洗濯。とくに今は、梅雨の天候に左右され、いつも以上に洗濯が億劫になってしまう。

「Mart8月号増刊」(光文社)では、「このワザで洗濯は絶対好きになる」と題し、「カラッと乾く」「きれいに落ちる」「パパッとたためる」洗濯方法から、ほかの作業と一緒に行う「ながら干し」や、柔軟剤の香りの楽しみ方まで、「洗濯」を徹底取材している。

特別付録は、ドイツ発のランドリーブランド「FREDDY LECK sein WASCHSALON(フレディ レック ウォッシュサロン)」とコラボした「自立するBIGキャンバスランドリーバッグ」。

「FREDDY LECK sein WASCHSALON」は、ドイツのベルリンでフレディ・レック氏が立ち上げたランドリーブランド。高級な洗濯機、充実した設備、そしてどこか懐かしく遊び心のある内装が人気で、日本にも直営のコインランドリーが2店舗ある。

近年、利用者が増えているコインランドリー。「自立するBIGキャンバスランドリーバッグ」には、コインランドリーで使用するときにも便利な4つのおすすめポイントがある。

まず、しっかりしたマチの大型トート。その名の通り、自立してくれるので「脱衣用カゴ」としても使える。

次に、中央にあしらわれた涼しげでお洒落なブルーロゴ。大量の洗濯物を入れて持っていくのも、おしゃれなバッグがあれば気分が上がる。

内側の生地は撥水加工が施されている。自宅で洗濯したものを濡れたままコインランドリーに持ち込み、乾燥機だけ使う、なんて時にも便利だ。

ポケットがついているのもポイントが高い。スマホや洗剤、小銭を入れられるので、このバッグ一つ持ってコインランドリーへGO!

気分の乗らない洗濯を効率よく、おしゃれに楽しめたら、梅雨もハッピーに過ごせそう。部屋干しストレスを解消したいなら、ぜひ「Mart8月号」をチェックしよう。

元記事で読む