1. トップ
  2. グルメ
  3. 広大なファームで味わう新鮮なミルクやスイーツ!〈星野リゾート トマム〉2泊3日の旅【後編】

広大なファームで味わう新鮮なミルクやスイーツ!〈星野リゾート トマム〉2泊3日の旅【後編】

  • 2021.6.29
  • 491 views

緑豊かな北海道占冠村にある〈星野リゾート トマム〉。「一生に一度は見たい景色」ともいわれる雲海や広大なファームエリアでのアクティビティ、多彩なコースでのスキー・スノーボードと、季節に合わせた楽しみ方ができるリゾート施設です。 今回は、2泊3日で体験した雲海、食事、季節のアクティビティなどのレポート【後編】をご紹介します!

旬の「とうきび」をオリジナルクラフトビールと

〈星野リゾート トマム〉では4月下旬から「グリーンシーズン」がスタート。緑が生い茂り、気候も爽やかで気持ちのいい季節です。敷地内にあるファームや近隣の十勝川・空知川での多彩なアクティビティが楽しめるほか、季節の食材をふんだんに使った夏限定のメニューも見逃せません!

7月〜8月に開催される「とうきびガーデン」では、7種類のオリジナルフレーバーで旬のとうきび(とうもろこし)(各600円)を味わうことができます。北海道のとうきびの生産量は全国1位で、みずみずしい甘みが自慢なのだとか。

サーモン、ジェノベーゼ、メイプルシナモンなどめずらしいフレーバーも多く、慣れ親しんだとうもろこしの新たな楽しみ方を発見したような感覚です。

とうきびと合わせて、トマムオリジナルのクラフトビール(単体800円/とうきびとセットで1,200円)もぜひご堪能あれ。とうきびにマッチするよう開発された数量限定のビールで、ここでしか飲めません。

どれも個性豊かで奥深い味わいで、とうきびに合わせると相乗効果でよりおいしい! ゴクゴクと一気に飲んでしまいました。

しっとりムーディーな「メロンシャンパンテラス」

カップル旅、女子旅にピッタリなのが、8月まで開催中の「メロンシャンパンテラス」。涼しくなる18時〜21時にテラスで楽しむことができ、日が落ちると一気にムーディーな雰囲気に。

提供されるメニューは、青肉系・赤肉系の2種類のメロン(1/8カット/400円)、メロンのシメパフェ(3,000円)、10種類のシャンパン(1,200円〜)、メロンとシャンパンのおすすめマリアージュ(1,600円)。

レポーターのおすすめは、メロンのシメパフェ。甘みたっぷりの赤肉メロンに、リゾート内で放牧された牛から搾乳した「トマム牛乳」を使用したアイスクリームやパンナコッタなどを組み合わせていて、濃厚なのに後味はサッパリで、まさにシメのスイーツにふさわしい一品です。

フルーティーで華やかな香りのシャンパン「テタンジェ・プレスティージュ・ロゼ」を合わせると、メロンのおいしさが引き立ち、さらに贅沢な気分に。

こだわりのナチュラルワインがそろうワインハウス

多彩な顔ぶれのナチュラルワインがそろう「TOMAMU Wine House」も、オトナの女子旅で立ち寄ってほしいスポット。ここでは、16種のグラスワインと北海道にある25のワイナリーの50種以上のワインをボトルで楽しめます。

極力化学物質が使われていないナチュラルワインは個性が際立つ味わいが特徴で、あまり流通していないワインに出会える可能性も。

思う存分ワインを堪能したい方は、16種のワインと1種のスパークリングワインが2時間飲み放題のフルテイスティング(4,000円)がおすすめ。トマム牛乳を使ったチーズの盛り合わせ(マスカルポーネ・モッツァレラ)(600円)をおつまみにして、お気に入りの一品を見つけてみては。

緑豊かなファームで搾乳したミルクのスイーツ

雄大なファームエリアでは、トマム牛乳を使用したフレッシュなスイーツをぜひ味わってみてください。ファームエリア入口にあるMilk Stand(ミルクスタンド)では、ソフトクリーム(500円)やトマシェイク(700円)が販売されていて、スイーツを片手にファームを散策できます。

夏を感じるサッパリとした甘さのトマシェイクは、牛やトマム ザ・タワーをかたどったクッキーが添えられていて、かわいらしいデザインです。撮影したのは、牧場ラウンジにある牧草で作られたソファ。周囲には絵になる小道具が置かれているので、ワイワイおしゃべりしながら撮影も楽しんでみてください。

かわいらしい動物と触れ合い、癒される

約100ヘクタールのファームエリアには、動物を身近に感じられるスポットが点在しています。こちらは、羊と一緒にお昼寝ができるハンモック。ごろんと横になると、すぐそばから「メェェ」という鳴き声が聞こえてくるのは何ともシュールです(笑)。

首から赤い袋を下げ郵便局員に扮したヤギに出会える「ヤギの郵便屋さん」では、文字を書いた葉っぱを封筒に入れて、手紙としてポストに投函することができます。右上の赤いポストに投函するのもよし、ヤギの首にぶら下がる赤い袋に入れるもよし。

ただし、赤い袋に入れる際、素早く入れないとヤギに食べられてしまう可能性も。レポーターは無事に入れることができましたが、ちょっとドキドキしました。

朝の爽やかな時間帯に実施される「モーモー学校」では、ガイドから牛の特徴を教わりながら、牛の個性を知ることができる人気のアクティビティ。牛乳は身近な食材ではあるけれど、牛の種類や製造工程など知らないことばかりで、有意義な食育になりました。

牛を移動させる貴重な「牛追い」体験や、搾りたての新鮮なトマム牛乳の飲み比べも。ぜひ、ご自身の舌で絶妙な味の違いを確かめてみてください。

晴れた日は美しい夕景や満天の星空にも出会える。

広大な敷地と多種多様な過ごし方を提案する〈星野リゾート トマム〉では、3泊以上のステイをすすめているそうです。今回、2泊3日の滞在で盛りだくさんの体験ができましたが、唯一の心残りは雲海が鑑賞できなかったこと。

ここ1週間の雲海発生状況を見ると、雲海発生は2日。3回チャンスがあるとグッと鑑賞できる確率が上がるようなので、ぜひ3泊以上ゆったりと滞在し、非日常の空間で羽を伸ばしてくださいね!

前編はこちら

〈星野リゾート トマム〉

北海道勇払郡占冠村中トマム
0167-58-1111
無休(4月・11月にメンテナンス休館あり)
公式サイト
※飲食メニューの価格はすべて税込み。

元記事で読む