1. トップ
  2. ファッション
  3. 小松マテーレの新ブランド「マテモノ」建築着想プリーツバッグなど、石川の工房一体型店舗モノーボで

小松マテーレの新ブランド「マテモノ」建築着想プリーツバッグなど、石川の工房一体型店舗モノーボで

  • 2021.6.28
  • 906 views

小松マテーレの新ブランド「マテモノ」建築着想プリーツバッグなど、石川の工房一体型店舗モノーボで

ファブリックメーカーの小松マテーレから、新ブランド「マテモノ(mate-mono)」が誕生。石川県能美市にオープンするファクトリーショップ「モノーボ(mono-bo)」にて販売される。なお、2021年10月1日(金)にはファブリックラボラトリー「ファーボ」がリニューアルオープンを迎える。

www.fashion-press.net

新ブランド「マテモノ」デビュー

小松マテーレ初となる工房一体型ショップ「モノーボ」のオープンと同時にデビューする「マテモノ」は、"アップサイクル"をキーワードにサスティナブルかつデザイン性の高いアイテムを展開する新ブランド。"モノ作り"の第一弾として、繊維素材の特性を生かした、ユニークなバッグ類を取り揃える。

「ファーボ」建築着想のプリーツバッグ

小松マテーレ本社の敷地内にあるファブリックラボラトリー「ファーボ(fa-bo)」は、建築家・隈研吾が設計を手掛け、世界で初めて炭素繊維の組紐を用いて耐震補強工事した建物。そのユニークな建物構造から着想した「ファーボバッグ」は、光沢感のある生地にプリーツ加工を施した建築的なデザインに仕上げられている。

切れ端で"あんだ"バッグ

マスクインナーの製造過程で余った切れ端を使用した「あんだバッグ」。2色の切れ端を手編みで編み込み、個性的でキュートなルックに仕上げた。

無縫製で"のびる"バッグ

無縫製で編み上げられた、チューブ状の「のびるバッグ」。1点ずつ染め上げる"製品染め"を用いて、グリンやレッドなどの鮮やかなカラーリングが施されている。

持つと菱形、畳むと正方形の「コンブ ホーン」

「コンブ ホーン」は独自に開発した"KONBU-N"で改質加工したバッグ。持つと菱形だがきれいな正方形に畳むことができ、"折り"の技術を生かしてデザインされている。

小松マテーレ初の工房一体型ショップ「モノーボ」

小松マテーレ初となる工房一体型ショップ「モノーボ」は、オリジナルショップ「マテプラ(mate-pla)」や体感型工房「マテラボ(mate-labo)」、カフェスペース「マテカフェ(mate-café)」から成る工場直営型の施設だ。企画・製造・販売までを一貫して行い、繊維素材の魅力を発信する。

オリジナルショップ「マテプラ」
「マテプラ」では、「マテモノ」をはじめとする100点以上の商品をラインナップ。バッグだけでなくワークウェアなども展開する。

体感型工房「マテラボ」
「マテラボ」では、小松マテーレの工場で行っている染色やプリントといったファブリックが作られる製造工程を体感できる。染色機で自分の好みのカラーにバッグを染めたり、刺繍やプリントでTシャツをアレンジしたりと、セミオーダーアイテムを楽しむことができる。

カフェスペース「マテカフェ」
「マテラボ」に隣接するカフェスペース「マテカフェ」は、買い物の合間やオーダーの待ち時間のくつろぎ時間に。会話を楽しみながら“創造力”を膨らますのもいいだろう。

ファブリックラボラトリー「ファーボ」がリニューアル

2021年10月1日(金)には、リニューアルされたファブリックラボラトリー「ファーボ」の内部・外部を初めて一般公開。館内には、1980年代から現在に至るまで、小松マテーレが開発してきた約5万点の生地サンプルを陳列する「ファッションアーカイブ」が設けられる。

また、世界の歴史と繊維産業の成り立ち、同社の歴史を時系列で解説した年表やイメージ映像なども紹介。「ファーボ」や「国立競技場」など建築家・隈研吾との協業事例を建築模型で紹介するほか、構造設計の江尻憲泰との協業による国宝「清水寺 本堂」や「富岡製糸場 西置繭所」をはじめ文化財の修理に使用された同社の素材を紹介するスペースなども設置される。

“染め”や“編み”のワークショップも

1階にはワークショップスペースがオープン。ここでは、繊維を染めたり絞り染めでオリジナルの模様をつけられる“繊維を染める”体験、工場から出る端材を活用してアクセサリーをつくる“繊維を編む”体験、世界で一つだけのオリジナルクッションをつくる“繊維を組み合わせる”体験を楽しめる。

【詳細・店舗概要】
■ファクトリーショップ「モノーボ」
オープン日:2021年6月25日(金)
住所:石川県能美市浜町ヌ168-8
営業時間:10:00~18:00
定休日:火曜日(年末年始、GW、お盆期間)
TEL:0120-947-009
商品例
ファーボ バッグ 5,500円
あんだバッグ 01 3,300
すけるバッグ 01 (大)3,850円(小)3,300円
のびるバッグ 01 3,960円
コンブ ヘリンボーン 7,700円
三角バッグ(大)2,750円(小)2,200円
四角バッグ(大)2,750 円(小)2,200円
コンブ ホーン 5,500円
コマスエードバッグ クラッシュ 3,850円
コマスエードバッグ プレーン 2,750円
※「マテモノ」の一部製品は公式オンラインショップでも販売予定。

■小松マテーレ ファブリックラボラトリー「ファーボ」
オープン日:2021年10月1日(金)
住所:石川県能美市浜町ヌ168-8(小松マテーレ本社敷地内)
営業時間:10:30~17:00
定休日:火曜日(年末年始、GW、お盆期間)
料金:入場料(見学)無料・ワークショップ体験料500円/人
予約申し込み:0761-58-0374(受付時間 平日10:30~17:00)
予約受付開始日:9月21日(火)
※当分の間は完全予約制。
※公式サイトからWEB予約も可能。

<ワークショップ>
会場:小松マテーレ ファブリックラボラトリー「ファーボ」内 1階ワークショップ
営業時間:10:30~17:00
定休日:火曜日(年末年始、GW、お盆期間)
料金:体験コーナー 500円/人 ※事前予約制
時間:10:30~、14:00~ ※各回最大10名程度
予約申し込み:0761-58-0374(受付時間 平日10:30~17:00)
※1週間前までに申し込みが必要。
※公式サイトからWEB予約も可能。

元記事で読む