1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「一気に萎えます。」セックス中に冷める女の言動があった!

「一気に萎えます。」セックス中に冷める女の言動があった!

  • 2021.6.25
  • 6666 views

実はこんなことで男性は萎えていました!

セックス中萎える女の言動を一気にご紹介。

ちょっと注意してくださいね。

あなたの臭い

あなたの臭い
出典:shutterstock

男は「女性は良い香りがする」という幻想を抱いています。

しかし、いざあなたを抱いた時、体臭や口臭が漂ってしまったらどうでしょう…?

その幻想が壊され、男は一気に萎えてしまいます。気持ちが冷めてしまいます。

逆に言うと、ボディーコロンなどで女性らしい香りを演出すれば、男のテンションは高まり、いつも以上にあなたを求めてくるはずです。

あなたのムダ毛

あなたのムダ毛
出典:shutterstock

男は、女性の肌が「柔らかい」「すべすべ」「ツルツル」であると当たり前に思っています。

そんな中、ワキや腕、足、VIOラインの処理が甘い女性のカラダを見てしまったらどうでしょう?

エッチな気持ちが一瞬にして冷めてしまいます。あなたの魅力が薄れてしまうからです。

カラダのお手入れはとてもめんどくさいことですが、彼の気持ちを萎えさせないためにも、忘れずにやっておくべきです。

白目

感じているとき、ちゃんと目を閉じられていますか? たまにいるんですが、目を閉じ切っていないで、白目になってしまっている子。なかなか衝撃的です。

喘いでいるとき、どんな顔をしているのかと見てみたら、白目だった…。ちょっとしたホラーですよね。

目を開くならしっかり開く、閉じるならちゃんと閉じる。中途半端だと白目になってしまうおそれがあるので、気をつけてください。

嬉しくないギャップ

嬉しくないギャップ
出典:shutterstock

男性が思わず目を引く女性の胸元。特に豊満なバストに憧れる男性は少なくありません。

そんな女性と見事ベッドイン!と思ったら実はパットで寄せ上げしていただけだった。。。

女性にとっては「そんなことで?」ということも男性には重要だったりするのです。虚勢を張るのもほどほどにしてあげましょう。

気合いの入り過ぎている艶やかな下着

下着
出典:shutterstock

ヒョウ柄やサテンのショッキングピンクの下着などが挙げられます。

あくまで優位なのは自分という気持ちのSな男性に対して自分から積極的に誘うような下着はあまり効果的ではありません。

だらしなさを感じない程度の普通の下着をチョイスしましょう。

恥ずかしがり過ぎる

恥ずかしがり過ぎる
出典:shutterstock

女性の恥ずかしがる姿は男性の加虐心をくすぐります。けれど最初から最後まで部屋を真っ暗にしたり、度が過ぎる恥じらいは男性も「初めてじゃないんだから!」とがっかりしてしまいます。

恥ずかしがりながらも時に大胆に見せて攻めるのが大人の女性の魅力なのです♡

積極的過ぎる

積極的過ぎる
出典:shutterstock

全く動かない無反応、いわゆるマグロはあまり好まれませんが、反対に積極的過ぎるのもNGです。

例えばキスの時に激しく舌をねじ込んでくる、行為の最中に自分から激しく腰を振る、等が挙げられます。

夜だけSの男性は、女性は嫌がっているのに無理矢理やっている感、征服感を感じたいので、女性が乗り気になって積極的になると少し冷めてしまいます。

強さ速さで攻められたフェラ

強さ速さで攻められたフェラ
出典:shutterstock

なんの影響なのかわかりませんが、とにかく強く早くを意識した前戯をする女性もわりと多い。

「ちょっと強いよ…」と言ってもまだ強いし、もっとゆっくり!といろいろ指摘するのは気が引ける…。

言いづらいから、丁度いい加減になったときにわかりやすく大きい声で喘ぐという行動を起こした経験のある男性は多いハズ。

なんだか急にでかい声を出し始めたな…というときには「そのテンポと強さでやってくれ」という意味合いなのかもしれませんね。

もはやイッてしまったあとの寸止め

イキそうになった時に「まだダメ!」と言って寸止めしようとしている女性。

寸止めって結構テクニックが必要だと知っていますか?

寸止めするのは悪いことではないのですが、寸止めに失敗して発射してしまった時の不完全燃焼感はとんでもない。

なんだかもったいないことをしたような、絶頂を味わいそびれたような虚しさが一気に襲うんですよね。

もうそのままおとなしくこちらのペースに合わせていただくのが一番失敗しないので、自由にしていただきたいところです。

大きすぎる声、AVみたいなワード

夜だけSの男性は通常の男性よりも征服感、無理矢理感、そして相手に恥じらいを求めがちです。

それなのに大きく喘ぎ声をあげたり、AVでしか聞かないような狙い過ぎている言葉を言うのはNGです。

相手の気持ちを盛り上げようとして言った言葉でも、それを聞いて興ざめしてしまうこともあるでしょう。

相手が言って欲しいとリクエストした言葉であっても、言い過ぎずタイミングを見計らって言いましょう。

相手の性癖と合致しない言葉

相手の性癖に合致していない言葉は、がっつり萎えさせてしまいます。どういうことかというと、たとえばSの男性に対して言葉攻めしたり、Mの男性に対して「いじめてください」といったMっ気たっぷりのセリフを言ったり。

相手の性癖に合わせた言葉を選んでください。

元彼を連想させる言動

元彼を連想
出典:shutterstock

男性に限ったことではありませんが、お互いに別の相手を連想させるような言動は避けるのがベスト。

よくある男性を喜ばせる言葉で「こんなの初めて!」というのも実際は「誰と比べてるの?」とぼんやり考えてしまう男性も多いのだとか。

わざとらしい言葉を無理に使うよりそのままの気持ちを伝えると良いでしょう。

恥ずかしさ隠しの日常会話ぶっこみ

日常会話
出典:shutterstock

セックス回数が少なく、まだ裸を見られることにも抵抗があるくらいの関係の時に突如始まる日常会話。

今その話する!?と急に日常会話を挟んでくる女性が稀にいるんですよね。現実世界に引き戻されると冷静さを取り戻してきてしまってちょっと萎えますね。

最後までしたいから続行しますが、できることならやめてほしいと思っている男は非常に多いと思います。

時計を見る

時計を見る
出典:shutterstock

セックスの最中、相手が時計を気にしていたら嫌ですよね。帰りの電車を気にしているのか、あるいはいつも見ているテレビ番組が始まる時間を気にしているのか…。

いずれにせよ、時計を見るということは、セックスに集中できていない状態です。

時計を見るのって、けっこう無意識にやってしまいがちなので、気をつけたほうが良いですよ。見る気がなくても、正常位のような顔が向き合う体位の最中、チラッとどこかを見ると、がっかりしてしまう男性は大勢います。

元記事で読む