1. トップ
  2. 山田孝之「村西になるのは意外と大変なんです」<全裸監督シーズン2>インタビュー

山田孝之「村西になるのは意外と大変なんです」<全裸監督シーズン2>インタビュー

  • 2021.6.24
  • 292 views

前作が190カ国・28言語で配信され社会現象にもなったNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督シーズン2」が今月24日から配信スタート。1から引き続き、時代の寵児となった監督・村西とおるを山田孝之、村西のパートナーの黒木香を森田望智が演じる。

【写真を見る】役作りのため、体重を増やしたという山田孝之

山田「正直、シーズン1を撮影していたときはここまで話題になるとは想像もしていませんでした。題材も題材ですしめちゃくちゃ怒られるだろうなって(笑)。ただスタッフもキャストも全力でやれば、その熱量が伝わってわずかな熱狂的なファンをつかめるんじゃないかなとはどこかで感じていたのも事実。ただここまでとは本当に驚きました」

森田「海外の映画祭に行ったときに、現地の方が見たと声を掛けてくださったんですよ。世界の人が同じ作品を同じ時間に共有できていることを知ってすごくうれしかったです。海を越えるってすごいです!」

Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督シーズン2」がいよいよ配信スタート 撮影=下田直樹
Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督シーズン2」がいよいよ配信スタート 撮影=下田直樹

山田「緻密に練られた脚本、潤沢な予算によって可能になったクオリティー、そして『やっちまおうぜ!』という半端ない熱量…。このどれが欠けてもここまでにはならなかったと思います。特に脚本はすごかった。僕が演じる村西とおると黒木香の経歴などを畳一畳分くらいのホワイトボード2枚にそれぞれダーッと書いて、2人の人生をどうやって絡ませていくか立体的に考えたりして…。その熱量をそばで感じて圧倒されました」

森田「面白い作品を作ろうというパワーは本当にすごかったです。あとキャラクターがエネルギッシュで。私はここまでしっかりと作品に携わるのはこの作品が初めてだったので今振り返るとすごい現場にいたんだと改めて知りました」

山田「現場は本当に楽しかった。やっていることはむちゃくちゃですが、その瞬間、本気でそこで生きていて。全力で生きるのっていいですね」

【写真を見る】役作りのため、体重を増やしたという山田孝之 撮影=下田直樹
【写真を見る】役作りのため、体重を増やしたという山田孝之 撮影=下田直樹

ーーシーズン1では村西とおるが監督としてのし上がっていく様と黒木香が人気女優になっていく姿が描かれたが、シーズン2はそれぞれの別れや挫折が描かれていく。

森田「シーズン1は"こうありたい"と思う人物像に向かって自分を解放しながら歩んでいきましたが、シーズン2は黒木香という仮面をつけたことによりどれが本当の自分なのか分からなくなっていく苦悩が描かれています。その自分がどんどん変化していく様子は演じていてつらくもあり、やりがいも感じました」

山田「広告の撮影でカメラマンから『本当のあなたはそうじゃないよね』と言われるシーンがすごく良かった。仮面を剥がされている感じがして恐ろしかったよね」

森田「あれは怖かったです」

山田「劇中の村西は今回もとにかくうそばかりついていて…。そしてそれを見抜かれているのも分かっていながらも、ひたすら口からでまかせを言う…」

森田「ひどいですね(笑)」

山田「現場でもいつの間にか1人になっていて。最初はみんな慕ってくれていたのに、どんどん心が離れていって目も合わせてくれない。自業自得ですがかなり孤独でした」

「全裸監督シーズン2」 撮影=下田直樹
「全裸監督シーズン2」 撮影=下田直樹

ーー「お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません」といった村西の独特な語り口なども話題に。

山田「今回の村西は本当に濃い。話し方を含めて行動や思考、全てがいき過ぎているというか(笑)。ちなみに体作りのために炭水化物を食べまくって体重を増やさないといけなかったのは結構過酷でした。普段は月1くらいに控えている大好きなおすしを食べられるのでうれしいですが、昼にハンバーガー、夜にカツ丼なんていうかなりオーバーな食生活をしなければならず。あと日焼けサロン行ったり脱毛したりするなど、村西になるのは意外と大変なんです」

森田「そうでないとなかなかあそこまで作れないですよね」

山田「だからこそ面白い。ちなみに僕自身は、村西ほど金に貪欲かと言われたら真逆だと思うし、自分が前にいくより誰かをサポートする方が向いていると思っています」

「全裸監督シーズン2」
「全裸監督シーズン2」

森田「黒木も特徴的なところはありますが、資料を見たり考え方に触れて、自分なりの黒木香像を作っていきました。シーズン1を撮り終えたときは続編があるので、この感覚を忘れずにいようと思っていましたが、今回で終わり。ただその人になって経験をしたことは一生消えないし、私の中に積み重なっていくものかと。いつまでも自分のどこかに"黒木香"が生きていくのだと思います」

山田「他の作品に出て役を重ねていくと少しずつ自分の中で薄れていくけど、しばらくは今の役が残ります。俳優が役になるというのは、その人としての瞬間として生きること。みんながそれぞれのキャラクターを全力で生きた作品だったと思います」

元記事で読む
の記事をもっとみる