1. トップ
  2. 恋愛
  3. 夏デートで使える!男性に「気が利くな」と思わせるコツ3つ

夏デートで使える!男性に「気が利くな」と思わせるコツ3つ

  • 2021.6.23
  • 2017 views

夏のデートは開放的な気分で、テンションも上がりますよね!

いっぽうで、せっかくの勝負服やヘアスタイルが汗で台無しになったり、暑さにテンションがダダ下がりになったり……といったことも、「夏デートあるある」。

そこで今回は、夏デートで使えるコツを3つご紹介します!

これを実践すれば、男性に「この子、気が利くな!」と思わせることができて、印象アップにつながりますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.くっつきすぎずにお喋り多め

「僕の彼女は、四六時中ピッタリくっつきたがるタイプ。

でも、夏場は気を利かせて距離をとってくれました。

そのかわり、お喋りは多めにしてくれて。あちこち歩きまわるよりも、カフェでのんびり過ごすデートがおすすめです」(29歳・男性・音楽制作会社)

夏のデートは汗でベトベト……。そんなところにぴったりくっつかれると、不快感を感じてしまうかも。

だからこそ、甘えたいのを我慢して、デートコースはのんびり、涼しい場所でゆっくり会話を楽しむのがおすすめ。

くっつかないかわりに、お喋りは多めにして、甘え方を工夫するのが◎

2.「一緒にいるだけで楽しい!」と伝える

「夏のデートで長時間歩くのは辛いので、単調なデートになってしまいがち。

でも彼女が『なんか、一緒にいるだけで楽しい』と言ってくれて。

近場の涼しいお店でゆっくり過ごすだけでOK、と言ってくれたのはとても嬉しかった」(30歳・男性・看護士)

男性は、どうしても「デートでしっかりリードしないと!」という気持ちになるもの。

そんなとき、大好きな彼女が「一緒にいるだけで楽しい」と言ってくれたら、気がラクになるでしょう。

暑い日は、無理せずに近場でも楽しめるデートを一緒に考えてあげると喜ばれそうです。

3.冷たいタオルを用意しておく

「夏はなるべく涼しい場所でのデートを計画しますが、電車に乗って待ち合わせ場所に行くだけで汗だく。

そんなとき、彼女が保冷剤をくるんだ冷たいタオル仕込んで、首筋にかけてくれました。

ちょっとした気遣いが嬉しかったです!」(27歳・男性・会社員)

タオルに保冷剤を仕込んでもってきてくれる……という気遣い。

男性はあまりやらないことだけに、嬉しさ倍増です。

最近では冷却タオルなども出ているので、用意しておくと便利かもしれません。

こんなちょっとした気遣いが、男性を喜ばせるコツです。

夏デートで距離を縮めよう!

夏デートでは、まずはお互い気持ちよく過ごせることを最優先することがポイントです。

さりげない気遣いを見せていくことで、彼はもっとあなたに惹かれるはず。

お互いにリラックスできる環境を整えることによって、心の距離を縮めていきましょう!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

●夏におすすめ♡デートでやりたいヘアスタイル4選

元記事で読む