1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 貴重なパフォーマンス捉えた『サマー・オブ・ソウル』場面写真公開 公開日は8月27日に

貴重なパフォーマンス捉えた『サマー・オブ・ソウル』場面写真公開 公開日は8月27日に

  • 2021.6.23
  • 306 views
『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』(c)2021 20th Century Studios.All rights reserved.

ドキュメンタリー映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』の劇場公開日が8月27日に決定し、あわせて場面写真が公開された。

本作は、今年1月に開催されたサンダンス映画祭のオープニング作品として上映され、ドキュメンタリー部門審査員大賞と観客賞をW受賞した音楽ドキュメンタリー映画。ウッドストックと同じ1969年の夏、160キロ離れた場所で、もう一つの歴史的な音楽フェスティバルが開催されていた。スティーヴィー・ワンダーやB.B.キングらブラック・ミュージックのスターが集結し、30万人以上が参加したこの夏のフェスの名は、“ハーレム・カルチュラル・フェスティバル”。その映像は、なぜか誰の目にも留まることなくその後約50年も地下室に埋もれたままになっていた。本作では、その歴史的映像の数々を映し出す。

4度のグラミー賞受賞者、エミネムやジェイ・Zのプロデューサーでもあるヒップホップ界の最重要人物アミール・“クエストラブ”・トンプソンが本作で映画監督としてデビュー。映像とともに当時の参加者たちの証言を織り込みながら、ドキュメンタリー映画として完成させた。

公開された場面写真では、アーティストたちによるパフォーマンスのシーンとともに、会場に詰めかける観客たちの姿や、カラフルでエネルギッシュなフェス会場全体の様子などが切り取られている。 (リアルサウンド編集部)

元記事で読む