1. トップ
  2. おでかけ
  3. キスマイ藤ヶ谷太輔主演ミュージカル『ドン・ジュアン』東京&大阪で再演、真彩希帆&鶴見辰吾も出演

キスマイ藤ヶ谷太輔主演ミュージカル『ドン・ジュアン』東京&大阪で再演、真彩希帆&鶴見辰吾も出演

  • 2021.6.23
  • 2719 views

キスマイ藤ヶ谷太輔主演ミュージカル『ドン・ジュアン』東京&大阪で再演、真彩希帆&鶴見辰吾も出演

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が主演を務めたミュージカル『ドン・ジュアン』の再演が決定。2021年10月7日(木)から10月17日(日)まで大阪・梅田芸術劇場で、10月21日(木)から11月6日(土)まで東京・TBS赤坂ACTシアターで上演される。

www.fashion-press.net

ミュージカル『ドン・ジュアン』が再演

『ドン・ジュアン』は、モリエールの戯曲であり、モーツァルトが手掛けたオペラ『ドン・ジョヴァンニ』などで広く知られる「ドン・ジュアン伝説」を、フェリックス・グレイの楽曲によってミュージカル化した作品。2004年にカナダで初演され、その後はパリや韓国でも上演。フレンチミュージカルとして人気を博し、2016年には宝塚歌劇で日本初演を果たした。さらに、2019年には主演に藤ヶ谷太輔を迎え、上演された。

2019年に続き再演されるミュージカル『ドン・ジュアン』では、スペイン・アンダルシアを舞台に、貴族の生まれでありながら、悪徳の限りを尽くしていた主人公 ドン・ジュアンが真実の愛によって変貌していくさまを描き出す。

主人公 ドン・ジュアン役に藤ヶ谷太輔

主人公 ドン・ジュアン役は、官能的な世界観を見事に表現した藤ヶ谷太輔が前回に引き続き続投。ヒロインのマリアは、元宝塚歌劇団トップ娘役の真彩希帆が演じる。真彩は、2021年4月に歌劇団を退団後、『ドン・ジュアン』が初の舞台出演となる。また、『太陽は動かない』や『サイレント・トーキョー』など多数の話題作に出演してきた鶴見辰吾は、ドン・ルイ・テノリオ役で本作に挑む。

潤色・演出に生田大和

潤色・演出は、宝塚歌劇団に所属する生田大和が再び担当。ダイナミックな演出と、人物の機微を細やかに描き出すことに定評のある気鋭の演出家・生田が、世界中を魅了してきた物語を新たな切り口で届ける。

『ドン・ジュアン』ストーリー

スペイン・アンダルシア地方。赤い砂塵の舞う街セビリア。
そこにあらゆる女を魅了して、悪徳と放蕩の限りを尽くす男がいた。
男の名はドン・ジュアン。彼は今宵も欲望の赴くまま、騎士団長の娘を毒牙にかける。
娘を穢されたと知った騎士団長は激怒し、決闘を挑むが、
彼は騎士団長をせせら笑うかのようにその剣をかわし、相手の命を奪う。
それが愛という名の呪いを招くとも知らず……。

作品詳細

ミュージカル『ドン・ジュアン』
出演:藤ヶ谷太輔、真彩希帆、平間壮一、上口耕平、天翔愛、吉野圭吾、上野水香、春野寿美礼、鶴見辰吾、一条俊輝、伊藤寛真、風間無限、鹿糠友和、仙名立宗、西岡寛修、西田健二、宮垣祐也、山野光、弓野梨佳、小石川茉莉愛、島田友愛、鈴木百花、谷須美子、則松亜海、花岡麻里名、平井琴望、松島蘭
作詞・作曲:フェリックス・グレイ
潤色・演出:生田大和
音楽監督・編曲:太田健
美術:松井るみ
照明:笠原俊幸
音響:大坪正仁
振付:桜木涼介、大石裕香、佐藤浩希
擬闘:栗原直樹
衣裳:有村淳
ヘアメイク:岡田智江
映像:西田淳
歌唱指導:山川高風、やまぐちあきこ
稽古ピアノ:太田裕子、森本夏生
サウンドプログラマー:上田秀夫
録音コーディネート:新音楽協会
演出助手:坂本聖子、藤田知礼
舞台監督:中西輝彦

<大阪公演>
上演期間:2021年10月7日(木)~10月17日(日)
会場:梅田芸術劇場 メインホール
住所:大阪府大阪市北区茶屋町19-1
問い合わせ先:梅田芸術劇場
TEL:06-6377-3800(10:00~18:00)

<東京公演>
上演期間:10月21日(木)~11月6日(土)
会場:TBS赤坂ACTシアター
住所:東京都港区赤坂5‐3‐2
問い合わせ先:梅田芸術劇場
TEL:0570-077-039(10:00~18:00)

<チケット情報>
料金:S席13,500円、A席9,500円(未就学児入場不可・営利目的の転売禁止)
チケット一般発売日:9月11日(土)
プレイガイド:チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット
※車椅子席利用者はチケット購入後、事前に問い合わせ先まで連絡する。
※公演内容・開演時間並びにチケットの販売等については、変更となる可能性がある。最新の情報については公演公式ホームページを確認。

元記事で読む
の記事をもっとみる