1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お庭やベランダでもっと楽しもう!おしゃれで居心地の良い空間の作り方

お庭やベランダでもっと楽しもう!おしゃれで居心地の良い空間の作り方

  • 2021.6.23
  • 13142 views

お庭やベランダでの時間を楽しんでみませんか?

段々と温かさがましてきた今日この頃。お花屋さんにも色とりどりのお花が並んで、心が浮き立ってきたという方も多いかと思います。

今回は、お庭やベランダで楽しめるアイディアをご紹介。植物に囲まれた暮らしをしてみたいという方もぜひご覧下さい♪

高低差を意識してコーナーづくりをする

天井からもお花を垂らす

地面からだけではなく、天井部分からも植物を垂らしている実例です。どこを見渡してもお花が見えるのが素敵ですね。

おうちの色使いがシンプルなので、植物の美しい色合いが映えます。

板壁を立てる

板壁を設置して、そこに棚を取り付けると小さな鉢も埋もれずにディスプレイすることができます。

日当たりや風通しが良くなるのも嬉しいですね。雑貨も一緒に飾ると、より愛らしい雰囲気になりますよ。

壁面に直接鉢を飾る

こちらは壁面に取り付けるタイプの鉢を使ったディスプレイ。

カラフルな鉢が印象的な壁に仕上げていますね。あえてランダムに飾るのが、リズミカルなコーナーを作るコツです。

圧迫感のないメッシュ壁も◎

壁を置きたいけれど圧迫感が出るのは避けたい……というときには、メッシュタイプの壁がおすすめです。

小さめの鉢なら実例のように取り付けられるので、ディスプレイも楽しめます。

脚立や棚を置く

どうしてもガーデンがのっぺりとしてしまう、というときには脚立や箱などを置いてメリハリのある空間にするのがおすすめ。

ナチュラルな木製のものなら、優しい雰囲気のガーデンになりますよ。

テーブルや椅子を置いてくつろぎスペースにする

テーブルにはクロスを掛けて居心地良くする

お外でも家の中のように居心地良く過ごしたいなら、テーブルにはクロスをかけてみるのもおすすめ。汚れ防止にもなり一石二鳥ですよ。

お気に入りのテーブルウエアを並べると、おうちカフェも楽しめます。

クッションを置くのもおすすめ

よりリラックスをしたいなら、クッションなど柔らかい物をたくさん置くとのんびりした時間が持てますよ。

お部屋にあるお気に入りのクッションをたくさんもってきて、並べてみてはいかがでしょうか。

サンシェードを使ってよりくつろげるようにする

ナチュラルなテーブルセットの上にサンシェードを付けている実例です。

これなら日差しを気にすること無く、のんびりとティータイムが楽しめますね。シェードに映る影も美しいです。

もっともっとリラックスできる空間にする

ハンモックを取り付ける

ゆったりとできるハンモックがあれば、お気に入りのお庭でお昼寝タイムもできちゃいます。

据え置きタイプのものなら、ベランダや賃貸さんでも簡単に真似できますよ。

テントを置いてみる

おうちでキャンプ気分を味わいたいなら、テントを置いてみるのもおすすめです。秘密基地感覚で、お子さんも楽しんでくれそうですね。

コンパクトなタイプならベランダにも置けそうです。

ソファを吊る

こちらは、天井から吊すタイプのソファを使っている実例です。ブランコやハンモックのように心地よい揺れが楽しめそうですね♡

のんびりとうたたねができそうなアイディアです。

かわいい小屋を置く

小さめでかわいい小屋を置いている実例です。くつろぎスペースにするほか、収納にも使えそうで良いですね。

しっかりとした屋根つきのものなら、悪天候でも活躍してくれそうです。

色を楽しむアイディア

壁の色と合わせる

おうちの壁の色と使っているテーブルや椅子の色を合わせている実例です。デコラティブな家具もスッキリとした印象になりますね。

ディスプレイされた植物の色も良く映えます。

カラー自転車をガーデンに利用

カラフルな自転車が目を引くガーデンテクです。お花と自転車の色味をあわせると、おしゃれで印象的なディスプレイになりますね。

使わなくなったものがあるというときには、ぜひお庭やベランダで使ってみてください。

ホワイトカラーで大人っぽくまとめる

ホワイトカラーの家具や照明で大人っぽくまとめられたコーナーです。

明るいホワイトカラーが、植物のみずみずしい色を良く引き立てていますね。

カトラリー類もホワイトカラーでまとめると、落ち着いた雰囲気になります。

素敵なお庭&ベランダを作ろう♪

賃貸さんやマンションでも楽しめそうなお庭やベランダのアイディアをご紹介しました!

外出することなく外の空気を感じられるのは、お庭やベランダならでは。ぜひ小さなところからでも居心地良く整えてみて下さい♪

元記事で読む