1. トップ
  2. 防弾少年団「Butter」米ビルボード「ホット100」4週連続1位 グループでは今世紀初

防弾少年団「Butter」米ビルボード「ホット100」4週連続1位 グループでは今世紀初

  • 2021.6.22
  • 1725 views

グループ防弾少年団が米国ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で4週連続1位を獲得する大記録を打ち立てた。

米国ビルボードは21日(現地時間)、防弾少年団が先月21日に公開したデジタルシングル「Butter」でビルボード最新チャート(6月26日付)で「ホット100」のトップになったと発表した。

「Butter」は初登場の週の「ホット100」(6月5日付)チャートで1位に直行した後、最新のチャートまで1位を獲得して4週連続でトップを守った。

防弾少年団の「ホット100」1位の記録はこれで9回目だ。昨年8月に発売した「Dynamite」(3回)で韓国歌手初の「ホット100」1位という歴史を作って以来、フィーチャリングに参加した「Savage Love」のリミックスバージョン(1回)、アルバム『BE』のタイトル曲「Life Goes On」(1回)、および「Butter」(4回)まで、合計9回「ホット100」1位になった。防弾少年団は「Butter」により「Dynamite」が保有していた合計3回の「ホット100」1位という自己記録も更新した。

ビルボードによると「Butter」は初登場の週に1位に直行した歴代54曲のうち4週間以上連続1位を記録した13番目の曲だ。グループとしては1998年のエアロスミス(Aerosmith)以来の記録で、21世紀に入ってから最初の大記録だ。

ビルボードはMRCデータを引用して「6月20日までの週間集計で「Butter」のラジオ放送のリスナー数は2,580万で、これは直前の週間集計に比べて6%増加した数値」と説明した。

防弾少年団は「Dynamite」を皮切りに「Savage Love」のリミックスバージョン、「Life Goes On」、「Butter」まで、4曲連続で「ホット100」のトップに輝く記録行進を続け、「21世紀のポップアイコン」としての姿を誇示した。


元記事で読む