1. トップ
  2. スキンケア
  3. 日焼けで肌がヒリヒリ!アフターケアに「アロエジェル」が効果的な理由

日焼けで肌がヒリヒリ!アフターケアに「アロエジェル」が効果的な理由

  • 2021.6.22
  • 724 views

紫外線量が増える夏の季節。屋外で過ごしているうちに、うっかり日焼けして気づけば肌がヒリヒリ赤くなっていることも。そんなときは日焼け後の肌のクールダウンと保湿に役立つ「アロエジェル」を活用するのが便利。アロエジェルが持つ効果と正しい使い方を皮膚科医がアドバイス。(フロントロウ編集部)

「アロエ」でひんやりクールダウン

アロエベラとは、栄養豊富な多肉植物の一種。世界中の熱帯気候地域に生息するアロエベラの葉肉には、豊富に水分が含まれており、高い保水力と鎮静作用を持っているのが特徴。そのため、古くから軽度なやけどなど炎症を抑えるものとして使用されてきた。

画像: 「アロエ」でひんやりクールダウン

カリフォルニア州サンフランシスコにて皮膚科医を務めるカレン・キャンベル医師も「アロエベラには抗炎症作用があり、肌を落ち着かせてくれるため、日焼けを家庭で治療するときの最もスタンダードな方法でもある」と米Healthlineでコメント。軽度なやけどの一種である「日焼け」のほてりやヒリヒリ感を軽減するものとしては、非常に効果的な成分だと明かしている。

肌にやさしいスキンケア製品「アロエジェル」

ニューヨークの美容皮膚科医であるマリー・ハヤグ医師によると、日焼けした後のアフターケアに最も効果的な方法は、アロエベラの葉肉を直接塗ること。「可能であれば、植物から直接ゲルを抽出して使うのがおすすめ。(アロエベラの)葉肉を切り開き、中のゼリー質を絞り出して塗るといい」とのこと。

しかし、アロエベラの葉肉には、山芋などにも含まれる「シュウ酸カルシウム」が含まれているため、肌に直接塗ると、人によっては チクチク感じることもあるそう。

そんなときにオススメなのが、アロエベラ成分を配合したスキンケア製品「アロエジェル」。

画像: 肌にやさしいスキンケア製品「アロエジェル」

アロエジェルとは、栄養豊富な多肉植物の一種「アロエベラ」を配合したジェル状のスキンケア製品のことで、肌への負担が少ない処方で、日焼けをした後のほてりを冷やすアフターケア製品としてはもちろんのこと、肌にスッとなじみやすく、しっとり爽やかに肌を保湿してくれる。

しかし、アロエジェルには香料が含まれていることが多いため、とくに敏感肌で刺激が気になる場合は「香料無添加」のものを選んだほうがいいとハヤグ医師は勧めている。

アロエジェルの効果的な使い方

アロエジェルの使い方については、少しぬるめのお風呂やシャワーを浴びた後に、日焼けした皮膚に直接塗るのが最適とのこと。さらに、ハヤグ医師は「(アロエジェルを)冷蔵庫で冷やしておくと、日焼けのアフターケアにはより効果的」とも付け加えた。

画像: アロエジェルの効果的な使い方

ただし、1点気をつけたいのは、1日に何回もアロエジェルを塗ること。ハヤグ医師は「アロエジェルには、天然の酵素(サリチル酸)が含まれており、ゆるやかな角質除去効果があるため、つけすぎにはくれぐれも注意して」と忠告。不要な肌トラブルを避けるためにも、アロエジェルは1日に1~2回の頻度に留めるようアドバイスした。

どんなに紫外線対策を行なっていても、うっかり日焼けしてしまうことはよくあること。大切なのは、日焼けした後にいかに早くアフターケアを行なえるかどうか。肌がヒリヒリしてきたら、すぐに水分たっぷりのアロエジェルで肌をクールダウンさせてみて。(フロントロウ編集部)

元記事で読む