1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『着飾る恋には理由があって』新井順子Pが最終話に込めた想い “追い源”に関するこだわりも

『着飾る恋には理由があって』新井順子Pが最終話に込めた想い “追い源”に関するこだわりも

  • 2021.6.22
  • 1698 views
『着飾る恋には理由があって』(c)TBS

現在放送中の火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)が6月22日にいよいよ最終回を迎える。これまで違う価値観ながらもお互いを尊重し合い、ゆっくりと距離を縮めてきた真柴(川口春奈)と駿(横浜流星)。しかしここにきて葉山(向井理)という強力なライバルが出現し、心を揺さぶられた視聴者も多かったのではないだろうか。

恋愛ドラマが多数放送された2021年4月期ドラマの中でも王道を貫きつつ、新たなスパイスとして「SNS」や「自分らしさ」をキーワードとした演出が光った本作は、仕事も恋愛も頑張る現代の人々が改めて価値観を見直すきっかけを与えてくれた。今回は『着飾る恋には理由があって』でプロデューサーを務める新井順子氏に、本作のキスシーンや主題歌挿入のタイミングで工夫している点からタイトルが意味することまでを聞いた。(Nana Numoto)

■葉山(向井理)の衣装はどのように考えた?

――駿派、葉山派で分かれることは期待していましたか?

新井順子(以下、新井):五分五分になればベストかなと。とはいえ、はじめは駿派が多いだろうなと思っていたのですが、1話では葉山派も多くて「あら?」という感じでした。1話では駿とまだ恋愛関係になっていない真柴が社長のほうにキュンとしていたので、それが良かったのかなと。

――前半は葉山の登場が少なかったですが、後半の畳み掛けに向けて、登場頻度にはどんな狙いが?

新井:後半に登場させるために第5~6話で戻って来させようとは決めていました。当初は7話分くらい出ていればいいかなと思っていたんですけど、本を作ってみたら、意外といたほうがいいなと思って、結果全話出る形になりました。そのちょっと出しがよかったのか、戻ってきたときには葉山派がかなり多くて。

――反響などをも含めて、登場する回数を調整することはあるのでしょうか?

新井:ありますね。そのキャラクターの人気が出れば、展開を見直すこともあります。

――第9話では、葉山が真柴を抱きしめるかと思いきや、一度隠してから胸を貸すという行動に、とても反響がありました。

新井:9話は逃げたくなってしまう彼女に「逃げるな」という駿と、逆の立場にいる葉山という構図にしたくて。今まで、葉山と真柴は年齢差もあったので、ほとんど接近させていなかったのですが、そこはもうラストチャンスだと思って顔をグッと近づけました。

――あのときも白パーカーでしたね。

新井:最初は白じゃなかったんです。狙って着せたかったものがあったのですが、ご本人に着てもらったら、しっくりこなくて……。夏だからちょっと水色っぽい半袖のを用意していたんですけど、着てみたら、ちょっと子供っぽくなりすぎて。予備で用意していた白パーカーがあったので、ご本人とも話して「じゃあ王道の白か」となって白に。

――パーカー姿にも反響が寄せられていますが、向井さんは『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)を振り返って「今回は二番煎じです。味を占めたなって(笑)」とおっしゃっていました。パーカーが好きなのは新井さんですか?(笑)

新井:種田晃太郎の時に、ファスナーが付いているパーカーを着せたので、それは絶対やめようとなって。いろいろ着たんですけど、やっぱりなんでも似合っちゃうので、1周回ってパーカーになったんです。黒着たり、水色着たり、いろいろしたんですけど、白の方がパンチ力があるな、と。白が評判良かったので、6話でも白を着せて。そしたら、いつも厚着という感じなりました(笑)。

――自転車の二人乗りやキッチンカーでのシートベルトなどたくさんのキュンシーンがありました。キュンシーンに合わせて演出や設定を考えたのか、シチュエーションからキュンシーンを作っていったのかが気になります。

新井:駿のシートベルトのシーンは、正直キュンとする場面が少なかったのでキッチンカーに乗ってやれることを考えました。たまにやられません? シートベルトを強く引っ張りすぎると出て来なくて、「あれ? 全然出てこないんだけど」と言ったら、「こうだよ」って。あれを再現したかった(笑)。

――(笑)。口をむぎゅっとさせたのは川口さん発信だったとSNSでおっしゃっていましたね。

新井:そうなんです。前の日にいろんなパターンを考えたらしく、これが1番良かったと言っていました。かわいかったですよね。急にむぎゅってやったから、大爆笑でしたけど。

■「着飾る恋には理由があって」というタイトルに込めた想い

――今、ちょうどドラマの終盤にかけて、「追い源」と呼ばれる星野源さんの主題歌が流れるタイミングに注目が集まっていますが、これは初回の放送からかなりこだわりを持って決められたものなのでしょうか?

新井:編集の時点で、ここから始めてここで終わる、ここからかけ直すというのを決めていました。終盤をどう盛り上げようか、となったとき、1回主題歌を終わらせることにしました。加えて、サイドBの曲はどうしようかと、いろいろ考えている中で、跨いじゃったほうが盛り上がるなと。一度終えた主題歌を再度流して、予告からサイドBにかけるようにしました。その時は、誰も「追い源」とは言っていませんでしたが、誰かが後に「追い源」と名付けました。

――終盤に向けて、そのワードがどんどん視聴者の方にも浸透していきましたね。

新井:一度、SNSで「追い源」と呼びますと紹介したら、「追い源!?」と反響がありましたね。そしたら、キャストも「どこからかかるんですか?」ってより意識し始めるようになっていて。

――キャストの方も気にしている部分なんですね。

新井:そうですね。どこでかかるんだろうと思っていると思います。誰から、「追い源」がスタートするかというのは結構重要なポイントなので。

――リアリティラインが絶妙で、ドラマならではのファンタジー要素も入っている本作ですが、そういう基準は、塚原あゆ子監督と決めているのでしょうか?

新井:塚原監督はかなりリアリティ重視な方なので、定番のキュンに対して「却下」と言われることも。却下されてもあきらめず、棚澤(孝義)監督の時に入れて、しつこくキュンを入れてみたりしています(笑)。

――塚原さんと新井さんの攻防が功を奏して、王道だけど新しい作品になったんですね。他の恋愛ドラマとは違う立場から見える主人公の顔がすごく印象的です。

新井:よくある、頭ポンポンとかはやめようと話していました。キスをするにしても、普通にキスをしたら面白くなかったので、印象に残るキスというのを考えて。2話に1回、全体の中盤でも1回キスシーンを入れたいとは決めていたのですが、2話はまだ好きじゃないから、そんな関係性でキスするのは難しいなとも悩みましたね。

――新井さんが、これは絶対やりたかったという“ベストオブキュンシーン”はどこでしょう?

新井:第9話のラストの泣いている真柴を隠すのはやりたかったです。だから、同じ家に住んでいるのに、とりあえず、道で待ち合わせしてくれと(笑)。年齢的にも13歳離れているので、いきなり触るとどうかなというのもあり、隠してもらうのを挟みました。

――推しのキスシーンはどこでしょう?

新井:冷蔵庫前も、キッチンカーも、きれいに撮ってもらえて良かったです。キッチンカーは意外とスムーズに撮れたのですが、当初、冷蔵庫前は「冷蔵庫前でどうやってキスするんですか? どういう状況ですか?」と言われて(笑)。でも、冷蔵庫でキスをするということは決めていて、両開きの大きい冷蔵庫を準備して、セットを作っているので、いろんなアングルから撮って、あのシーンが出来上がりました。

――真柴と駿のほかに、陽人(丸山隆平)と羽瀬(中村アン)、香子(夏川結衣)と礼史さん(生瀬勝久)の恋模様も注目されています。最終回に向けての見どころを教えてください。

新井:陽人と羽瀬は30代なので、ちょっと大人な恋愛を意識しています。友達からスタートして、もうプロポーズして、「結婚するのだろうか?」という最終回にしました。第9話で振られた感じになってしまった陽ちゃんがどうなるのか、なかなか羽瀬ちゃんらしい最後を迎えているなと思いますので、楽しみにしていただきたいです。香子さんは、ハッピーエンドなのか? どうなのか? が微妙なラインになっています。私の周りにいる人のリアルな体験を入れていて、「そういうのもありかな」と思えるラストにしました。

――香子のストーリーラインは「いろいろな形の家族があっていいんじゃないか」と思わせられます。

新井:1人で生きられる時代だけど、誰かそばにいたら、それはそれでいいなって。「好きなときに、好きな人と、好きなように生きる」ということを描きたかったです。

――最終話には、新井さんのどんな想いが込められているのでしょうか?

新井:「着飾る恋には理由があって」というタイトルには「着飾らないほうがいい」「着飾ってもいいじゃん」というどっちの意見もあると思います。だから、無理して着飾るのが辛かったらやめればいいし、着飾るのが楽しくてやっている人も多いから、それはそれでいいんじゃない? と。「着飾る理由、生きる理由は人それぞれだね」だから自分らしく生きようよ、ということを伝えたかったです。あとはSNSをどう見るかということですね。勇気づけられたり、一方で、誹謗中傷されて落ち込んだり、どうやってこのアイテムと付き合っていくのかも描きたかったポイントです。

(取材=佐藤結衣/文=Nana Numoto)

元記事で読む