1. トップ
  2. 笑福亭鶴瓶も賛同!日本の映画界を応援『キネマの神様』異例のプレゼントキャンペーン実施

笑福亭鶴瓶も賛同!日本の映画界を応援『キネマの神様』異例のプレゼントキャンペーン実施

  • 2021.6.21
  • 469 views

松竹映画100周年記念作品となる山田洋次監督最新作『キネマの神様』(8月6日公開)にて、日本の映画界を応援する“すべての劇場公開作品”を対象にした半券キャンペーンが実施されることが決定。あわせて、自身の出演作を映画館に無償提供する形で映画館へのエールを発表した笑福亭鶴瓶が映画館への想いを語る特別映像と、各劇場より本作への賛同コメントが到着した。

【写真を見る】山田洋二監督、吉永小百合と共に記念撮影に臨む笑福亭鶴瓶

主演の志村けんの逝去や撮影の中断、2度の公開延期などコロナ禍で数々の困難に直面しながらも力をあわせて乗り越え遂に完成した本作。そんな映画を愛し、挫折を味わいながらも“映画の神様”を信じた男に訪れた奇跡を描いた本作では、日本映画界を代表する山田監督のもと、沢田研二、菅田将暉をはじめ永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶら豪華キャストが集結している。

いま改めて「“映画館で映画を公開できること”のありがたさを感じている」と語る松竹。今回の“#キネマで繋がる 全映画対象半券キャンペーン”は、いまだ苦境に立たされている映画界全体を盛り上げることを目的に実施されることが決定した。「本作『キネマの神様』はタイトルと題材のとおり、映画界全体を盛り上げることが使命であると考えております」と松竹が明かしている通り、すべての劇場公開作品が対象となり、期間中に映画館で映画を鑑賞した方1000名に『キネマの神様』のムビチケがプレゼントされる、企業間の垣根を超えた異例のキャンペーンとなる。

また本キャンペーンの始動にあたり、山田監督作品にも出演歴があり自身のドキュメンタリー映画『バケモン』を無償で映画館に提供し、その興行収入をすべて映画館に提供するという“映画館へのエール”を込めた新しい上映形態を発表したばかりの笑福亭鶴瓶のコメント映像が到着。映画館で観ると「集中するから、自然といい台詞が耳の中に残る。ああ、いい台詞やなあって」と映画館ならではの醍醐味を語ったりと映画館へ抱く特別な想いが語られた貴重な映像となっている。

さらに、本作の舞台となったギンレイホールや興行会社からも続々と本作の賛同コメントが到着。多くの困難が押し寄せるこんな時代だからこそ、スタッフキャストが精魂込めて作り上げた本作、そして様々な物語を紡ぐ映画の数々をぜひ映画館でじっくりと味わってみてはいかがだろうか。

<各映画興行会社社長からのキャンペーン応援コメント(全文・順不同)>

●ギンレイホール

「『キネマの神様』は当館が原作小説のモデルとなっています。いつの時代も大勢の熱い思いで映画は完成し、公開され、鑑賞されてきました。いま映画界も厳しい状況に直面していますが、きっと『キネマの神様』が守ってくれると信じています」

●シネマサンシャイン/佐々木興業株式会社 代表取締役社長 佐々木伸一

「大変残念ながら映画への出演はかないませんでしたが、故志村けんさんのエンタテインメントへの思いを継ぐ『キネマの神様』という作品が、映画界だけでなく日本のエンタテインメント業界を再び明るいものとするきっかけとなっていただければと思います」

●コロナワールド/株式会社コロナワールド 代表取締役社長 室橋義隆

「映画は人々を笑顔にします。映画は人々に感動を与えます。映画は世の中を明るくします。ぜひ、この『キネマの神様』という作品を通じて多くの人々に“生きる喜び”を実感して頂けることを切に願っております」

●ピカデリー、MOVIX、東劇、神戸国際松竹/松竹マルチプレックスシアターズ 代表取締役社長 森口和則

「私は、映画の持っている力を信じています。この夏、遠くにお出かけするのは、まだ難しいかもしれません。そんな時は、手軽に非日常が楽しめるお近くの映画館で、映画を是非楽しんでください。万全の感染症対策をしてお待ちしております」

文/富塚沙羅

元記事で読む
の記事をもっとみる