1. トップ
  2. 『探偵☆星鴨』ユルいコメディ×ミステリーの面白さ 第9話は有岡大貴の表情と声に注目

『探偵☆星鴨』ユルいコメディ×ミステリーの面白さ 第9話は有岡大貴の表情と声に注目

  • 2021.6.21
  • 285 views
『探偵☆星鴨』(c)NTV・J Storm

探偵ドラマ史上最も「頭をユルめる」コメディ・ミステリー『探偵☆星鴨』(日本テレビ系)が、いよいよクライマックスに突入。6月21日放送の第9話では、第1話からの謎である「タワシ殺人事件」に星(有岡大貴)が迫る。

「君の力が必要なんだ」。捜田刑事(岡田義徳)から依頼を受けた星。念願だった殺人事件の依頼に唐戸(片山友希)も喜ぶが、依頼を受けるということはすなわち、星の師匠である城豊也(通称・ジョー)(堀部圭亮)を追い込むことでもあるかもしれないと捜田は念を押す。それでも星は、自らの手で事件を解決すると誓うのだった。

さっそく、星の探偵事務所に「タワシ殺人事件捜査本部」の張り紙を掲げる捜田だが「捜査本部」を名乗るわりには、あまりに人の気配がない状況を星は不思議に思う。聞けば、刑事たちはみな将来有望なエリート刑事・横入(竹田光稀)のほうへ行ってしまい、ここには捜田と制服警察官2人しかいないのだという。ようやくかの名探偵たちのように難事件を解けると意気込んでいた星は、脆弱な“名ばかり捜査本部”の実態に愕然。「僕も横入派に!」と飛び出そうとする星、すがる捜田……2人が押し問答をしているところへ、横入がやってきた。

嫌味たっぷりな横入の言動に、星はやる気を燃え上がらせる。かくして、事件解決に向けて再び星と捜田は結束したのだった。まず星たちは、互いが持つ情報をもとに事件の経緯を整理。現在、重要参考人とされているジョーは本当に犯人なのかーー? 星は、ジョーを信じていた。ジョーとの過去に思いを馳せる星。星がここまでジョーをまっすぐに信じられる理由、信じたい理由は、第9話にしっかりと描かれている。そしてすぐに衝突してしまう星と捜田だが、捜田は捜田なりに、星に対してある思いを抱いていた。

捜田の「現場百遍!」の言葉で、気持ちを仕切りなおした星。探偵・黒谷(森廉)が殺されていた現場に向かい、捜田から現場のくわしい状況を聞く。殺害現場のシーンで、思わずクスっとしてしまうドラマもめずらしい。随所に張り巡らされたこういう“らしさ”が、コメディ・ミステリーを冠する所以だ。

現場検証を経て、まずは赤いハイヒールの持ち主を見つけるべく星と捜田は聞き込みに走るが、手ごたえのないままヘトヘトに。諦めかけていたそのとき、星はふと「あること」に考え至る。時同じくして、リサイクルショップにいる唐戸のもとにとある人物が訪ねてきた。そこへ意外な人物まで登場し、物語は大きく動いていく。

本作では、登場人物の些細な行動を要チェックだ。必ず、引っかかりを感じる部分がある。ミスリードに巻き込まれないよう注意しながら、自分なりに推理を進めていくーーユルいなかにも、そうしたミステリーの面白さがきちんとある。

第9話のキーは「ジョーの掟」。師匠であるジョーの教えが星を冴えわたらせ、星を動かす。ジョーの無実を強く信じる“星鴨”の顔、思考を巡らせ、事件解決につながる糸口を見出す“探偵”の顔ーー有岡による、表情と声のトーンの使い分けが良い。第9話においても、捜田やジョーに対してボソっと正論を突っ込む台詞が実におもしろく、またその逆もあり、“クスっと笑える”コメディが成立している。少々(?)ずれている者同士である星と捜田が、不思議と良い塩梅で噛み合って織りなす絶妙なバランスも、本作の見どころだ。

果たして星は何に気付いたのか? 消えたハイヒールの持ち主は誰なのか? ジョーは本当に犯人なのか? 意味深なラストカット、そして次週予告ーー星たちが辿り着く事件の真相とは? 物語は最終章。第9話、最後まで見逃せない。 (文=新 亜希子)

元記事で読む