1. トップ
  2. ヘア
  3. 夕方まで洗練ヘアに!湿気に負けないヘアセット術

夕方まで洗練ヘアに!湿気に負けないヘアセット術

  • 2021.6.21
  • 1159 views

湿気の多い日が続き、ヘアセットがなかなかうまくいかないこの時期。朝、頑張ってスタイリングしたのに、夕方には朝の苦労が水の泡になることもしばしばです。「結局、一つ結びにしてしまう」という声も伺います。

美容師の筆者が、簡単にできる「湿気に負けないヘアセット術」をご紹介します。

■そもそもなぜ髪は湿気で広がるの?

湿気で髪が広がってしまうのは、湿気によりせっかく乾かした髪の水分量が増えてしまうことが原因です。特に、クセが強くもともと広がりやすい方や、髪が細い猫っ毛の方は影響を受けやすく、うねりや広がりにつながっていきます。

また、東洋医学で「女性は7の倍数の年齢の時に、体調に変わり目が訪れる」といわれており、35歳を過ぎるとコラーゲンが低下して髪のハリやコシに悪影響が出たり、髪が細くなったりする場合があります。そういった髪は他の影響も受けやすいため、この時期は年齢的なお悩みに加えて季節要因も加わることで広がりが出やすいのです。

■おすすめのスタイリング剤3選

まずは、スタイリングが少しでもラクになるように、スタイリング剤の選び方を工夫しましょう。毛先がパサパサしていると余計に広がりやすくなるため、髪を乾かす前にドライヤーの熱を保護してくれるヘアオイルやヘアミルクなどの保湿剤をつけて乾かすようにします。

湿気の多い時期は、油分が多く含まれているバームや、ムースやジェルなどの水気があるセット剤でスタイリングをホールドしてくれるものがおすすめです。

(1)N. ナチュラルバーム/ナプラ

伸ばすとオイル状になり、ほどよい重ためのウエットな質感になります

天然由来原料で作られているため、手の平に残ったバームはそのままハンドクリームとしても使えます。
(18g 税込価格1,320円/45g 税込価格2,200円)

(2)モデニカ ナチュラル J/ナカノ スタイリング

みずみずしいツヤのある質感で、ほどよいキープ力があります。ショートヘアやボブヘアでクールに決めたい方におすすめです。
(90g 税込価格1,980円)

(3)デザインポッド カールメイクフォーム/ウェーボ デザインポッド

ほどよいセット力と弾力のあるカールが再現できます。硬くなりすぎないので、柔らかな質感がキープできます。
(200g 税込価格1,760円)

■スタイリング剤を使う際の注意点

スタイリング剤をつけすぎてしまうと、余計にごわついてまとまりにくくなります。たくさんの量をつけるのではなく、ご自身のヘアスタイルに合ったスタイリング剤を使用しましょう。また毛先が広がり、全体的に湿気でボリュームが出すぎるとまとまって見えないため、その際はスタイリング剤をしっかりつけてください。

どの髪の長さの方も、耳後ろは毛量が密集しやすい場所のため、正面から見た時、横にボリュームが出すぎてしまう場合があります。耳にかけたりするとバランスがとれてすっきり見えますよ。

■ハーフアップもおすすめ

ロングの方で全体的にボリュームが出すぎてしまい、「一本には縛りたくないけれど、まとめたい」という方には、ハーフアップもおすすめです。トップの髪をすっきりまとめるだけでもボリューム調整になります。

手ぐしでこめかみから上の髪をとり、三つ編みにします。ルーズにくずして中間から毛先をコテで外、内の順に巻きます。

この時、上の方から巻くとボリュームが出すぎるため、広がりやすいこの時期は、顎下くらいの髪を巻くことをおすすめします。

三つ編みがむずかしい場合

三つ編みをしないで、クリップで留めるだけでもすっきりして見えますよ。

■縮毛矯正で広がるクセ毛を手軽にボリュームダウン

皆さまもご存じかと思いますが、「縮毛矯正」とは髪のクセを真っすぐにする施術です。よく「ストレートパーマとどう違うの?」という質問を受けますが、ストレートパーマはパーマ落としになり、基本的にクセは伸びません。

ですので、髪のクセが気になり真っすぐにしたい方や、広がるクセをボリュームダウンされたい場合は、縮毛矯正がおすすめです。

湿気の多い季節にスタイリングを少しでもラクにされたい方は、ぜひお試しください。

(美容師/ヘアメイク/セミナー講師 Mayu)

元記事で読む