1. トップ
  2. 大谷亮平、『緊急取調室』出演決定 第4シーズンを通してキントリに立ちはだかる大敵に

大谷亮平、『緊急取調室』出演決定 第4シーズンを通してキントリに立ちはだかる大敵に

  • 2021.6.21
  • 626 views
『緊急取調室』(c)テレビ朝日

天海祐希主演のドラマシリーズ『緊急取調室』(テレビ朝日系)の第4シーズンに、大谷亮平が出演することが決定した。

天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる本作。井上由美子が手掛ける完全オリジナル脚本をベースに、「取調室」という名の“密室の戦場”で行われる“銃も武器も持たない生身の人間同士の死闘”を描く。

2019年4月期に放送された第3シーズンでは、天海をはじめ、田中哲司、塚地武雅、でんでん、小日向文世が演じる鉄壁の取り調べ集団=キントリメンバーが、難航を極める取り調べにまい進。チーム一丸となって、数々の事件を見事解決に導いてきた。

そして、第3シーズンから“キントリメンバー”の一員として参戦した玉垣松夫(塚地武雅)は古巣の「サイバー犯罪対策室」に復帰しながらも、キントリと連携していくことに。速水もこみちと鈴木浩介が演じる警視庁捜査一課殺人捜査第一係の名コンビ「もつなべ」も、引き続きキントリと強力タッグを組んでいく。

おなじみのメンバーが再集結し、これまで以上に揺るぎない正義感をたぎらせながら、一筋縄ではいかない被疑者たちの“裏の顔”を“マル裸”にしていく第4シーズン。しかし、第4シーズンの冒頭で「キントリが9月末で解散すること」が判明してしまう。

今回、大谷が演じるのは、若き国土交通副大臣・宮越肇。伝説の活動家・大國塔子(桃井かおり)がハイジャックした飛行機に搭乗。しかも宮越は、汚職疑惑の渦中にある人物で宮越によってハイジャック事件はとんでもない状況へと転がっていく。

また、宮越は有希子らキントリにとって、《第4シーズンを通しての大敵》となる男。第1話からいきなり、キントリに“部署の消滅まで残り100日”というタイムリミットが課せられてしまうが、キントリ解散を冷徹に推し進める刑事部長・北斗と宮越は、何やら裏でよからぬつながりがあるとのこと。

そんなキーマンを演じるにあたり、大谷は「目的のためには手段を選ばず突き進んで行く生き様が、演じる役として見ると心強くもあり、楽しみなキャラクター」とコメント。すでにクランクインした大谷は「シリアスな事件を扱う作品ですが、現場はよい緊張感の中にも温かみがあり、和やかな感じがしました」と話し、撮影を謳歌。初共演となる天海についても「キリッとしたクールな印象を持っていた」そうだが、撮影を共にして「意外にお茶目な方で驚きました」とコメントした。「『緊急取調室』にはキャリアの豊富な先輩方がたくさんいらっしゃるので、私は若手のつもりで、フレッシュな気持ちで臨みたいと思います」と、俳優としての気持ちも新たに意気込みを寄せた。

■大谷亮平(宮越肇役) コメント
シーズン4まで続く人気ドラマに参加できることを、うれしく思います。もともと事件物が好きで、さっそく台本を拝読したところ、少しずつ真実が解き明かされる様、取調室での駆け引きのシーンは台本上からも緊張感が伝わり、非常に読み応えがありました。また、天海さんを筆頭としたキントリのチームワークが素晴らしいと思いました!
私が演じる宮越肇は、若くして副大臣になるだけあって、冷静で頭の回転も速く万能な印象でした。目的のためには手段を選ばず突き進んで行く生き様が、演じる役として見ると心強くもあり、楽しみなキャラクターだと思います。まだ共感できる部分は少ないですが、この先どこかで彼の人間味や、深く理解できる部分と出合うことがあれば、うれしく思います。
シリアスな事件を扱う作品ですが、現場はよい緊張感の中にも温かみがあり、和やかな感じがしました。天海さんは、イメージ通りとても素敵な方だと思いました。キリッとしたクールな印象を持っていましたが、意外にお茶目な方で驚きました。『緊急取調室』にはキャリアの豊富な先輩方がたくさんいらっしゃるので、私は若手のつもりで、フレッシュな気持ちで臨みたいと思います。恵まれた現場で演じられるのは幸せなことですし、その中で大切に取り組んでいきたいと思っています。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む