1. トップ
  2. ヘア
  3. ヘアピンなし! アイロンなし!とにかく簡単にできる「お団子ヘア」アレンジが素敵

ヘアピンなし! アイロンなし!とにかく簡単にできる「お団子ヘア」アレンジが素敵

  • 2021.6.21
  • 5300 views
簡単なお団子ヘアアレンジをご紹介! ヘアピンを留めたりアイロンで巻いたりするのが苦手……という方におすすめです。ゴム1つとヘアバンド(もしくはシュシュ)だけでできる超簡単アレンジなので初心者向き。
簡単なお団子ヘアアレンジをご紹介! ヘアピンを留めたりアイロンで巻いたりするのが苦手……という方におすすめです。ゴム1つとヘアバンド(もしくはシュシュ)だけでできる超簡単アレンジなので初心者向き。

ヘアピンなし!巻きなし!とにかく簡単にできるお団子ヘアアレンジ

ピンを留めたりヘアアイロンで巻いたりするのが苦手……という方におすすめのお団子ヘアをご紹介。使うものはゴム1つとヘアバンド(もしくはシュシュ)だけで仕上がる超簡単アレンジなので、初心者の方でも安心です。

ピンを一切使わないので、芝生にそのままゴロンと寝っ転がるようなアウトドアにも使えて、そのまま帽子もかぶれちゃう! アクティブに動き回るお子さんにもおすすめの髪型です。

hair&make KAORI(anti)
hair&make KAORI(anti)



ベースのヘアスタイル

トップがつぶれやすくペタンコになりがちな髪質のストレートヘア。クセの有無にかかわらず、鎖骨ミディアム以上のすべての長さにおすすめできます。

ペタンコになりがちなストレートヘア
ペタンコになりがちなストレートヘア



お団子ヘアアレンジの簡単な方法・やり方

お団子ヘアアレンジの簡単なやり方です。

1

トップの髪をざっくり取る
トップの髪をざっくり取る


トップの髪をざっくりと分け、ゆるめにひとつ結びをします。

2

くるりんぱをして毛束を左右に引っ張る
くるりんぱをして毛束を左右に引っ張る


毛束の真ん中に穴をあけて、「くるりんぱ」をします。毛先を通したあと2つに分けて、ゴムがきつくなるまで左右に引っ張るのを忘れずに。

3

キツめに結んで土台を作る
キツめに結んで土台を作る


毛先をひとつに束ねて持ち、ヘアバンドを使って結びます。ゴムがしっかりしているタイプのシュシュや、太めのゴムでもOKです。ここは土台なのでキツめに結びましょう。

4

輪っか状にして毛先を結び目に巻きつける
輪っか状にして毛先を結び目に巻きつける


最後の輪っかを通しきらずにこの状態でストップし、毛先を矢印の方向に巻きつけます。この輪っかの大きさでお団子のサイズが決まります。

5

お団子側から指を通して毛先を引っ張る
お団子側から指を通して毛先を引っ張る


ヘアバンドの隙間に巻きつけた毛先を通します。お団子側から親指と人差し指をくぐらせて、矢印の方向に引っ張り出しましょう。

6

しっかり固定する
しっかり固定する


通し終わった状態がこちら。お団子がきちんと固定されています。

7

へこんだ部分をつまんで引き出す
へこんだ部分をつまんで引き出す


全体をゆるく崩していきます。くるりんぱをしたところの真ん中は特にへこみやすいので、横から見てきれいなボリュームになるように引き出すのがコツです。

8

顔周りも引き出したら完成
顔周りも引き出したら完成


ねじり部分や顔周りも細かく引き出したら完成です!

簡単お団子ヘアアレンジをうまく仕上げるポイント

まずは、シルエットを整えること。トップのボリュームがつぶれがちなので、最後にしっかり引き出して、横からシルエットをチェックしてください。トップに高さが出ると頭の形がよく見え、顔や首がほっそり見える効果もあります。

もうひとつは、表面を柔らかく見せること。引き出した後、正面から見て頭が大きく見えてしまう場合は、引き出す毛束が太い(多い)可能性があります。一度にたくさんつままず、細い毛束でたくさん引き出すようにしてみてくださいね!

このままだとトップがつぶれて見える
このままだとトップがつぶれて見える


少しずつ引き出してボリュームを出す
少しずつ引き出してボリュームを出す


簡単お団子ヘアアレンジのバック&正面

くるりんぱで華やかな印象に
くるりんぱで華やかな印象に


後れ毛を出すことでこなれ感アップ
後れ毛を出すことでこなれ感アップ


バックと正面です。

使用したヘアアクセサリー

ヘアバンド スタイリスト私物
ヘアバンド スタイリスト私物


100円ショップなどにも売っているヘアバンドを使用しました。シュシュ代わりにも、もちろんヘアバンドとしても使えて便利です!

文:WAKO

元記事で読む