1. トップ
  2. メイク
  3. 初めてさんでも簡単2ステップ!目がぱっちり見える「涙袋メイク」術♪

初めてさんでも簡単2ステップ!目がぱっちり見える「涙袋メイク」術♪

  • 2021.6.20
  • 3399 views

4万人以上のカウンセリング、メイクアップを担当する中で「日本女性を美しく見せるメイク術」を確立!自然体な大人メイクを伝導しているメイクセラピスト荻野愛子さんによる連載「史上最高にキレイになる♪朝の美人メイクメソッド」では、朝のメイクで美人になるヒントを毎週ご紹介します♪

おはようございます。メイクセラピストの荻野愛子です。

雑誌のメイク特集などでもよく紹介されている、目の下に色を入れる「涙袋」メイク。

気になりつつも「素人には難しそう…」「パンダ目にならないかな?」など、抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか?

実は、涙袋のメイクはとっても簡単♪しかも、目がパッチリ大きく見える効果も絶大!なんですよ。

今日は、初めてさんでも簡単にできる◎自然で、目が大きく見える「大人の涙袋メイク」術をご紹介します♪

初心者でも簡単!「大人の涙袋」メイクレッスン♪

涙袋メイクに必要な2つのアイテム
  • 【1】アイブロウペンシル
アイメイクコスメ
朝時間.jp

眉を描くときに使用するアイブロウペンシルを、下まぶたに用意します。

パウダータイプやリキッドタイプのアイブロウを使用してもOKですが、ピンポイントに涙袋の影をつくれるペンシルタイプが簡単です。

色は、明るめの「ライトブラウン」がおすすめです。

  • 【2】1番明るいカラーのアイシャドウ
アイシャドウ
朝時間.jp

下まぶたのシャドウには、アイシャドウパレットの中にある、1番明るいカラーを使用します。単色のアイシャドウを使用する場合は、明るめのベージュホワイトやイエローカラーが肌なじみが良くおすすめ。

薄いピンクのシャドウを使用しても、優しい印象に仕上がります。

【1】最初に「影」を入れる

まず、アイブロウペンシルを使用して影を作ります。

次に、下の写真のように、黒目の下の辺りに約5mmほど間隔をあけて薄く影をつくります。

アイメイク
朝時間.jp

影の長さは、黒目の横幅よりも少し長めに描きます。

目の下はくまなどで暗さが出やすい部分なので、太い線だと目の下全体が暗く見えてしまいます。線の細さはなるべく細く描くのがポイントです。

ブラシを往復させるように細い線を描き、その後綿棒でぼかします。

綿棒
朝時間.jp

この時、綿棒で何度かしっかりと『ぼかす』ことが大ポイント!綿棒でぼかすことで、

  • 時間が経った時に落ちにくい
  • とても自然な仕上がり

そんな涙袋をつくることができます。

これで、『影』の部分が完成です。

【2】下まぶたアイシャドウで、明るい涙袋の完成!

次に、アイシャドウの1番明るいカラーを使用して、なみだ袋の部分に明るさを加えていきます。

ルナソル スキンモデリングアイズ01 Beige Beige
朝時間.jp

今回使用するのは、大人気のロングセラーアイシャドウ「ルナソル スキンモデリングアイズ01 Beige Beige」。上の写真で赤く囲んでいる1番明るいカラーを使用します。

下まぶたメイク
朝時間.jp

先ほど影を描いた部分よりも上のラインに、目頭から黒目の外側の辺りまで、ブラシで明るいアイシャドウを入れていきます。この時のカラーは、自然なパール感のあるアイシャドウがベスト。

目の下にパールの明るさプラスされることで、下からライトを浴びているかのような光が加わり、黒目がとてもキレイに見える効果があります。目元を若々しく魅せる効果も◎

この2ステップで、自然な大人の涙袋メイクの完成です!

まとめ

アイブロウペンシルとアイシャドウの2ステップでつくる、「大人の涙袋」メイク。とっても簡単ですが、目元の美人度を高める効果は絶大です!

涙袋は無表情の時でも優しい印象を与え、笑った時にさらに表情が豊かに見える大切なパーツ。2ステップの簡単メイクで、ご自身の涙袋を最大限に活かしてください♪

☆この連載は<日曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

元記事で読む