1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 血液型×12星座|ストレスをためやすいランキング

血液型×12星座|ストレスをためやすいランキング

  • 2021.6.19
  • 35923 views

あなたは日々のストレスをどう処理していますか?
仕事での失敗、上司に怒られた。いい出会いがない。恋人とうまくいかない。親がうるさい――。ストレスの原因は、多岐にわたるでしょう。
しかし、同じストレスでも、人によってストレスが溜まりづらい人もいれば、感度が高くストレスに敏感に反応してしまう人もいるように思います。
今回は、ストレスをためやすいタイプとして、血液型と星座からピックアップしてみました。ノンストレスで人生を生きやすくするヒントにして、ぜひ生活に役立ててみてくださいね。

第1位:蟹座×A型

蟹座は正義感が強く、母性本能も強い、いわゆる「いい人」と思わる印象が強いタイプです。対するA型も真面目で優しい人が多いと言われています。
そのこと自体は利点ですが、両タイプも用心深く心配性が過ぎるところがあります。
つい臆病になってしまうあまり、ネガティブ思考が過ぎてしまうことも多いでしょう。それがストレスを溜めてしまう原因になり、ひとりで勝手に傷つき、情緒不安定になってしまいがちです。
少々ナイーブで繊細なところがあるこのタイプは、自分が感じたこと、自分の本音を話せる人を身近に作り、置いておくことでストレスを感じづらくなるでしょう。
不安なこと心配なことは、人に話して流してしまうのです。愚痴になってしまうこともあるかもしれませんが、相手が気にせず聞いてくれる人なら問題ないでしょう。
「はいはい」と流されたとしても、話すことで気持ちがスッキリすることは多いはず。我慢し過ぎていい人になり過ぎないよう、自分自身を労わってあげてください。

第2位:蠍座×A型

蠍座は口数が少ないですが、一途で愛情深い努力家です。コミュニケーションの取り方が不器用で、一見何を考えているかわからないこともあるでしょう。
A型は協調性があり、周囲の空気を読める気遣い上手ですが、感情や本音を表に出すことが苦手なタイプです。
しかし、心根は優しく、周囲が自分にあまり介入してこないことから、陰湿で思い込みが激しいことも多いです。
マイナスなことに対して大げさに捉えてしまう一面もあるでしょう。ストレスを溜めこまない方法は、人と比べないことです。人は人、自分は自分であることに対して、自信を持つこと。ありのままの自分でいいんだと、考えを改めることです。
人は、ひとりでは生きていけない生き物です。本音を話せる友達、自分に寄り添ってくれるパートナーの存在が不可欠でしょう。そうした存在が身近にいるだけで、ストレスは激減し、自分自身がより優しく逞しく生きることができます。
まずは、ありのままの自分を受け入れ、見方になってくれる人を探すことが、ストレス打破に役立ってきそうです。

第3位:乙女座×B型

乙女座は責任感が強く、細かいことへの気配りも徹底している、完璧主義者に近いタイプです。
しかし、気に入らないことがあると、たちまちヒステリックになり、自分勝手になってしまう一面があります。
B型も自分勝手な言動が多く、人に合わせることが苦手なタイプです。自分の思い通りに事が運ばないとストレスを感じてしまいます。
人の性格タイプを変えることは難しいですが、できるだけストレスを避けるには、ストレスを感じる人との距離感を変えることです。一定の距離を保ちながら、必要以上の干渉を避けること。
それこそ仕事上の関係なら、プライベートを通じてまで仲良くなる必要はないのです。本来仕事は、仕事をするためのものです。もちろん、仲良くなれる人とは仲良くしていければ、それが理想ですよね。あまり深く考えず、物事をある程度割り切る気持ちも時には必要です。
ストレスを少なくするには、考える時間を減らすこと。仕事は仕事に集中し、仕事に不可欠な人間関係だけ保てれば、それでいいと冷静に考えられるといいのかもしれません。

ストレスと上手に付き合おう

自分自身のストレスの原因が見えてきたでしょうか。
優しい人ほど、ストレスに敏感な傾向があるかもしれません。ストレスと上手に向き合い、付き合って行きましょう。
鈍感な性格になるのは、いますぐは難しいですが、付き合い方を変えるだけで、ストレスを軽減することはできるはず。ぜひ考え方の参考にしてみてくださいね。
(柚木深つばさ/ライター)
【参考文献】『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)https://spicomi.net/media/articles/297
【参考サイト】あなたは何座?誕生日でわかる12星座早見表と12星座の性格・相性(Spicomi)https://spicomi.net/media/articles/297


元記事で読む