1. トップ
  2. 「梨泰院クラス」のアン・ボヒョン、役作りのため眩しい小麦色の肌に

「梨泰院クラス」のアン・ボヒョン、役作りのため眩しい小麦色の肌に

  • 2021.6.18
  • 6430 views

俳優アン・ボヒョンが7月号の撮影を終えた。

もともとモデルとしてデビューしたアン・ボヒョンは『太陽の末裔』『彼女の私生活』など様々な映画やドラマに出演してきた。そんななか、悪役を演じたドラマ『梨泰院クラス』を通じて認知度が爆発的に高まり、現在では次回作からプライベートまで、大衆の注目を集めるようになった。

現在撮影中のドラマ『ユミの細胞たち』のグウン役のためにナチュラルに焼いた肌の色が現場で注目を集めた。アン・ボヒョンは「原作ウェブ漫画が存在する作品なので、キャラクターとシンクロ率の高い外見のほうが演じる立場からも楽しみがある」と役作りに最善を尽くす姿を見せた。

写真撮影後は、インタビューが行われた。撮影を終えたNetflixオリジナルシリーズ『マイネーム』をはじめ下半期公開予定の作品について尋ねると、「『ユミの細胞たち』の後『マイネーム』が公開される予定で、ギャップのある姿をお見せできそうで個人的に期待している。船を一生懸命に漕いでいる状況なので、今より広い場所に出ればいいという気持ち」と答えて作品に対する愛情を表わした。

アン・ボヒョンは普段からキャンプをはじめアウトドアスポーツが趣味であることがよく知られている。撮影がないなら、夏の休暇をどのように満喫したいかという質問に「海釣りやサーフィンをしに行きたい。あるいは目的地を決めずに自動車「クロン」とキャンプをするのでは」と答えた。 「キャンプの情報を検索する方が「アン・ボヒョンのキャンプ場」、「アン・ボヒョンの道具」のような内容を入力されるのを見ると胸が熱くなる」と答えて趣味への誇りを表わした。

アン・ボヒョンの写真とインタビュー、映像は『ELLE KOREA』7月号とウェブサイト、そしてYouTubeで確認できる。



元記事で読む