1. トップ
  2. 吉瀬美智子、「世にも奇妙な物語」初主演で『筋肉痛になってしまいました』

吉瀬美智子、「世にも奇妙な物語」初主演で『筋肉痛になってしまいました』

  • 2021.6.18
  • 261 views

女優の吉瀬美智子が、6月26日(土)放送の「世にも奇妙な物語’21夏の特別編」(夜9:00-11:10、フジテレビ系)でシリーズ初主演を務めることが決まった。

【写真を見る】又吉直樹、「世にも奇妙な物語」初主演でプロ棋士役

今回の「世にも奇妙な物語」は4つの奇妙なエピソードが登場するオムニバスドラマで構成。吉瀬はその1つ「あと15秒で死ぬ」に出演する。

「あと15秒で死ぬ」あらすじ

深夜、診療所の薬剤室で、作業をしていた薬剤師・三上恵(吉瀬)は突如、体が動かなくなってしまう。そして目の前に赤い飛沫と静止した弾丸が浮かんでいる。

自分の胸には一直線に伸びた血しぶきも見える。“時間が止まっている?”と訳が分からずにいると、目の前に死神が現れる。「このたびはご愁傷さまでした」と、どうやら恵は背中を銃で撃たれて死んだようだ。そして死神は恵を迎えに来たのだった。

しかし、実は恵にはまだ15秒間だけ寿命が残っていた。その15秒のカウントダウンの間は、恵がスタートとストップをかけることができて、自由に時間を止めたり動かしたりできる、というストーリー。

吉瀬美智子 コメント

――今回のお話が来た時の感想を聞かせてください。

撮影はすごく大変そうだと思いましたが、人間模様がきちんと分かるようになっていて、 “奇妙”なだけではない、面白い内容でした。「世にも」ファンの期待を裏切らない作品だと思います。

――台本を読んでの感想を聞かせてください。

台本はとても面白いのですが、まずは“これ、どうやって撮るんだろう?”と。今はCGの技術は進んでいるとしても、撮り方が分からないというか…。「世にも」ではこういう作品も撮影しているのでしょうが、私は初めてなので、自分としてはすごくチャレンジングな作品です。

これまで、刑事役で撃つ方の役は演じてきましたが、撃たれる側、しかも普通の人が日常の生活の中で撃たれるという役なので、そこは新鮮でした。

――恵という役柄について教えてください。

かわいそうですよね。セリフでも“何で私が?”って言っていますが、本当に“何で死ななきゃいけないの?”って。でも、その事実を突き止めるのには時間が短過ぎて。「世にも」ならではの何とも言えない切ない気持ちになります。

――実際に演じられてみての感想を聞かせてください。

今回、普段やったことのないようなことに挑戦しているので、完成を楽しみにしています。体が動かない設定なので、普通の自然なお芝居ができず、体に力が入ってしまって、筋肉痛になってしまいました。

エネルギーの消耗も激しかったですし、サポーターを着けて体当たりのシーンもありましたが、そういう作品にもなかなか出合えないので、ありがたく思っています。

――ご自身ではこのように、現代社会では説明できないような奇妙な体験はありますか?

私はあまり霊感がない方なのですが、トントンって肩をたたかれたような気がして“えっ?”て振り返ったら誰もいなくて、という経験はあります。

――視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。

死神の特殊メークもユニークですし、その死神と、“死にたくない”という主人公との掛け合いが見どころだと思います。視聴者の方には今まで見たことのない、新しい自分を見せることができるのかなと思います。

元記事で読む
の記事をもっとみる