1. トップ
  2. 審査員に今田耕司、新川優愛、冨永愛らが決定!優勝賞金1000万円、決勝戦の舞台はクルーズ船<DRAGON CHEF 2021>

審査員に今田耕司、新川優愛、冨永愛らが決定!優勝賞金1000万円、決勝戦の舞台はクルーズ船<DRAGON CHEF 2021>

  • 2021.6.17
  • 145 views

7月4日(日)放送のABCテレビ×吉本興業が主催する次世代スター料理人発掘番組「ザ・プレミアム・モルツ presents DRAGON CHEF 2021」(夜7:00-8:56、テレビ朝日系)の初代チャンピオンを決める決勝の舞台が、東京湾を巡るクルーズ船に決定。また、決勝進出シェフが作る渾身のコース料理を試食する審査員を、今田耕司、新川優愛、冨永愛、林修、YOUら5人の芸能人と、6人のプロの料理人、総監督・須賀洋介、神田裕行、小薇、中井松太郎、服部幸應、鎧塚俊彦ら合計11人が務めることも分かった。

【写真を見る】決勝戦の審査員(左から)新川優愛、今田耕司、YOU、山里亮太、須賀洋介、林修、冨永愛、マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)

同番組は、優勝賞金1000万円を目指し、若きシェフたちがしのぎを削る“料理人のM‐1グランプリ”。日本全国から集まった若き才能ある料理人761人が、一次選考、エリア予選を経て16人のファイナリストに絞られ、3カ月にわたるサバイバルラウンドを戦い抜いた。

4日(日)の放送では、準決勝の「デリバリー対決」が開催され、勝ちあがった2人が決勝戦へと駒を進める。決勝戦は、クルーズ船「シンフォニー」の上で行われる「コース料理」対決。総監督・須賀シェフの祖父が客船のコックだったことにもちなみ、船上が頂上決戦の舞台に設定された。

2人のシェフが作るのは、同番組では初めてとなるコース料理。前菜、メイン、デザート、それぞれにテーマ食材があり、前菜には「千葉県産の完熟トマト」、メインには「北海道産の四元豚」、デザートには「宮崎県産のマンゴー」が使用される。

さらに、「M-1グランプリ2020」チャンピオンのマヂカルラブリーもスペシャルサポーターとして参加。2020年末、「M-1」で優勝した後の最初の仕事が、翌日の「DRAGON CHEF」の記者会見だったというマヂカルラブリー。今回は2人のシェフの調理場の突撃レポートなども担当する。

M-1グランプリの司会を務める今田、人気ドラマでグルメ雑誌の編集長役を演じた冨、料理にも博識な林らが、若手シェフの料理にどんなコメントをするのかも見どころの一つとなっている。審査は、11人の審査員による投票で、過半数の6票を取った方が王者となる。

番組MCは山里亮太。総監督をフレンチシェフの須賀、アシスタントを増田紗織ABCテレビアナウンサーが務めるほか、決勝進出シェフ2人の料理作りを手伝うレジェンドシェフとして、片岡護シェフ、脇屋友詞シェフも登場する。

今田耕司コメント

ついに決勝ですか! 審査員のオファーが来た時は素直に、「おいしいものが食べられるの楽しみだなー」というラフな気持ちでしたが、僕の審査が若手料理人の人生を左右するかと思うと身が引き締まります。僕は一夜にして若手漫才師たちの人生が変わる「M-1グランプリ」の司会をしていますが、1000万円ってなかなか貰える金額ではないし、開業資金としても十分でしょ。出場するシェフの皆さんにはぜひ有名になって頂き、いつか「おれはこの店が有名になる前に、シェフの料理食べたことあって、知ってたで!」と自慢したいので頑張ってください!

新川優愛コメント

審査をするのが年齢的にも私でいいのかという思いもありますが、今までの戦いを勝ち抜いたお2人のお料理をいただけることが楽しみです。そして、これからの料理界でご活躍される方たちの、お料理に対する熱い思いを感じられる、充実した時間を送れたらうれしいです。

冨永愛コメント

食べることが大好きで、今の時代を象徴するニューフェイスのシェフたちがどんな料理を作られるかとても興味があるので、オファーを頂けたことをうれしく思いました。今まで食べたことのない味、素材の使い方など、クリエイティビティーのあるお料理に出合えるのが楽しみです。

林修コメント

ここまで大きな大会の審査をするのは初めてです。2人のシェフの人生がかかっていると思うと、本当に責任重大ですよね。しかしお引き受けした以上は、視聴者の皆さんに納得して頂けるような公正な審査を目指します。「M-1グランプリ」と同じく、審査員は、視聴者の皆さんによって審査されますから。若手料理人の皆さんには、大胆にチャレンジしてほしい。やりすぎて反省することはあっても、やり切れずに後悔することはないようにして欲しいですね。技術と信念に裏付けられた、素晴らしい料理に出合えることを、楽しみにしています。

YOUコメント

激戦を勝ち抜いて来られたお2人のお料理ということで、きっとおいしいんだろうなと期待しています。クルーズ船に乗るのも久しぶりで楽しそうだなと思いました。料理の審査については、ぶっちゃけ食べさせて頂いて、どう感じるかなので、私の責任ではありません(笑)。政治家も料理人も、これからは若い人たちにチャンスがいっぱいあって、世の中に出ていくべきだと思っているので、楽しみにしています。

MC・山里亮太コメント

まったく想像がつかないような料理を生み出すシェフたちが残っているので、見たこともない料理に出合えるとワクワクしています。すべてが「初めまして!」という感じだと思うので、どんな戦いになるのかまったく予想がつかないです。審査員の皆さんには、思う存分、味を楽しんで頂ければと思っています。

「M-1グランプリ」の決勝を見届けている今田さんや、冨永愛さん、林先生たちがこういう場所に出てくださって審査員をやるっていうのも新鮮だし、どんな審査結果を出すのか、楽しみですね。とにかく今まで見たことのない戦いが繰り広げられると思うので、視聴者の皆さんには料理界の歴史が動く場面の証人になって頂いて、奇跡の瞬間を私たちと一緒に目撃して頂ければと思います。

決勝審査員を務めるプロ料理人

須賀洋介:SUGALABO Inc.代表

神田裕行:ミシュランガイド東京で14年連続三つ星 東京・元麻布「日本料理 かんだ」オーナーシェフ

小薇:中国料理研究家 新宿御苑前「幸せ中国料理 ローズ上海」オーナーシェフ

中井松太郎:大阪北新地にある完全会員制、肉料理専門店「牛寶」オーナーシェフ

服部幸應:服部学園理事長・服部栄養専門学校校長

鎧塚俊彦:「Toshi Yoroizuka」オーナーシェフ・パティシエ

「ザ・プレミアム・モルツ presents DRAGON CHEF 2021」とは?

「ザ・プレミアム・モルツ presents DRAGON CHEF 2021」は、日本の食文化への関心が国内外で高まる一方、コロナ禍でピンチが続く日本の料理人や生産者を応援しようと始まった、次世代スターシェフ発掘番組。日本の重要課題である「地域創生」をテーマに、食を通して“地域の魅力を再発見”し、2025年に予定されている大阪・関西万博に向け、日本の食文化の魅力を世界に発信していくことを目指している。

大会への応募は、「夢と情熱を持った40歳未満の料理人」なら、プロ・アマ、料理ジャンルは問わず、誰でも可能。2020年12月に出場者の募集が始まると、日本全国から「チャンスをつかみたい!夢を叶えたい!」という若き料理人761人がエントリー。一次選考(都道府県予選)を突破した59人のシェフが、〈北海道・東北〉〈関東・甲信越〉〈東海・北陸〉〈近畿〉〈中国・四国〉〈九州・沖縄〉6つの地区で開催されたエリア予選に挑み、16人のシェフが次のステージ・サバイバルラウンドに進出した。

サバイバルラウンドでは、千葉の農園にある食材で16人全員が激突した「農園バトル」を皮切りに、「鶏の手羽(鹿児島県産)」、「ホタテ(岩手県産)」、「和牛の薄切り(三重県産)」、「ジャガイモ(北海道産)」など全国各地から集まった日本を代表する食材や、社会課題である「フードロス」などをテーマに、毎回ランキング最下位のシェフが戦いたい相手2〜3人を指名し、アイデアと独創性にあふれた料理で対決。負けた料理人はその場で脱落していく厳しいバトルが繰り広げられている。

サバイバルラウンドを勝ち残っているシェフたち(6月16日現在)

北海道・東北:下國伸(北海道)

関東・甲信越:高木祐輔(東京)、井上豪希(東京)

東海・北陸:なし

近畿:花田洋平(大阪)

中国・四国:なし

九州・沖縄:山下泰史(福岡)

※高木祐輔の高は正しくは「はしご高」

元記事で読む