1. トップ
  2. グルメ
  3. レオナルド・ダ・ヴィンチ《最後の晩餐》モチーフのアフタヌーンティー、メズム東京で

レオナルド・ダ・ヴィンチ《最後の晩餐》モチーフのアフタヌーンティー、メズム東京で

  • 2021.6.16
  • 1141 views

レオナルド・ダ・ヴィンチ《最後の晩餐》モチーフのアフタヌーンティー、メズム東京で

レオナルド・ダ・ヴィンチの代表作《最後の晩餐》をモチーフにしたアフタヌーンティー「サパー(Supper)」が、メズム東京、 オートグラフ コレクションにて2021年7月1日(木)から10月29日(金)まで提供される。

www.fashion-press.net

メズム東京、オートグラフ コレクション“名画”アフタヌーンティーに新作

メズム東京、オートグラフ コレクションでは、有名絵画をモチーフに、遊び心あるスイーツとペアリングモクテルをセットにした新感覚アフタヌーンティー「アフタヌーン・エキシビジョン」を展開してきた。第1弾でダリの「記憶の固執」、第2弾でフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が登場し、他にはない芸術性をもったアフタヌーンティーは、おひとり様や男性にも人気を博している。

レオナルド・ダ・ヴィンチの代表作《最後の晩餐》をモチーフに

その第3弾となる今回、モチーフとなったのはレオナルド・ダ・ヴィンチの代表作《最後の晩餐》。イタリア・ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の食堂の壁に描かれているレオナルド・ダ・ヴィンチの最高傑作であり、イエス・キリストが12人の弟子と共に食卓を囲み、弟子の1人による裏切りを静かに予言する情景を描いている。

「サパー」では、登場人物の生い立ちや縁のある地などにちなんだバラエティ豊かなスイーツ&セイボリーとペアリングモクテルで、その情景を細やかに表現した。アフタヌーンティーは、“万能の天才”と称されたレオナルド・ダ・ヴィンチのつかの間の休息をイメージした「洋梨のモクテル&グリッシーニの生ハム巻き」からはじまり、13種類のスイーツ&セイボリーが続く。

中央のイエス・キリストを表すのは、チーズ入りのパン・ド・カンパーニュ。《最後の晩餐》でイエスはパンを取り「これがわたしのからだである」と言い、 杯を取り「これがわたしの血である」と言って弟子たちに与えたという有名な伝承から着想を得た一品だ。

また、柔らかいスポンジに優しい甘さのシロップをしっとり染み込ませたトルコ風ポンジケーキ「レバニ」はヨハネ、イタリア・ローマの伝統菓子「マリトッツォ」はゆかりの地であることからペテロにちなんで展開される。

【詳細】
アフタヌーン・エキシビジョン
提供期間:2021年7月1日(木)~10月29日(金) 平日15食限定
提供時間:14:00~ / 15:00~
提供場所:メズム東京16階 バー&ラウンジ「ウィスク」
住所:東京都港区海岸1丁目10-30
料金:4,950円 ※15%のサービス料込み
キャンセル料:7日前 ~ 3日前50% / 前日・当日100%
予約:https://www.mesm.jp/restaurant/whisk.html
※2日前の22:00までの予約要

<13種のメニュー詳細>
ハマンの耳/バルトロマイ、シチリア産レモンのシャーベット/小ヤコブ(アルファイの子ヤコブ)、魚の形のミートパイ/アンデレ、チョコサンド/ユダ(イスカリオテのユダ)、マリトッツォ/ペテロ、レバニ/ヨハネ、パン・ド・カンパーニュ(チーズ入り)/イエス・キリスト、クルフィ/トマス、タルタ・デ・サンティアゴ/大ヤコブ(ゼベダイの子ヤコブ)、キュネフェ/フィリポ、ピッザ・マルゲリータ/マタイ、ティラミス/タダイ(聖ユダ)、マハラベイヤ/シモン(熱心党のシモン)
<ペアリングモクテル>
赤ワインのモクテル:グレープジュース、アールグレイ茶葉、イングリッシュブレックファスト茶葉、ラズベリージュース、ジンジャーコーディアル
白ワインのモクテル:マスカットジュース、カモミール、カカオニブ

元記事で読む
の記事をもっとみる