1. トップ
  2. ファッション
  3. ジジ・ハディッド、コロナ禍での妊娠~出産は悪い事ばかりじゃなかった

ジジ・ハディッド、コロナ禍での妊娠~出産は悪い事ばかりじゃなかった

  • 2021.6.16
  • 5079 views

2020年秋にゼイン・マリクとの第1子を出産したジジ・ハディッドがコロナ禍での妊娠~出産について振り返った。ジジが“悪い事ばかりじゃなかった”と感じている理由って? (フロントロウ編集部)

コロナ禍で初めての妊娠・出産を経験したジジ・ハディッド

現代ファッション界を代表するトップモデルの1人であるジジ・ハディッドは、2020年9月にシンガーのゼイン・マリクとの第1子カイを出産。2020年の2月にフランス・パリで行なわれたファッションウィークの最中に妊娠に気づいたというジジだが、妊娠について公表したのは4月末のこと。妊娠7ヶ月に差しかかった頃だった。

新型コロナウイルスの世界的蔓延が深刻化したのは、ジジがカイの妊娠を知ったすぐ後。ジジはゼインとともに、当時、パンデミックの“第2の震源地”と呼ばれたニューヨークにある自宅を離れ、妹で同じくモデルとして活躍するベラ・ハディッドとともに母ヨランダ・ハディッドがペンシルベニア州に所有する牧場つきの別荘に身を寄せて、静かに妊娠期間中を過ごした。

そして、9月下旬にカイが誕生。自宅出産だったため、家族みんなが見守るなか、父であるゼインが産まれてきたカイをキャッチした

コロナ禍での妊娠・出産は悪い事ばかりじゃなかった

未曽有のパンデミックの渦中で初めての妊娠~出産を経験したジジ。カイがまもなく生後9カ月を迎え、アメリカ国内における新型コロナウイルスの感染拡大に収束の兆しが見られるなか、ジジがコロナ禍での妊娠・出産について、今になって思うことを語った。

コロナ禍での妊娠について、ひと言でいうと「ほろ苦い体験だった」と英i-Dにコメントしたジジ。「COVIDはたくさんの人々や家族たちにとって大きな悲劇だった。人生が一変してしまったり仕事を失ってしまった人もいる。でも、私にとって、少なくともそのタイミングで妊娠・出産を経験できたことは不幸中の幸いだったと思う。子供とより一緒にいることができたし、自分にとっても、ずっと必要としていた“リセット”になったから」と語り、「自分が望んでいた通りの母親としての経験ができた」と、仕事復帰を果たすまで、ベビーシッターなどの他人の手を借りずにカイの育児に専念することができたことを嬉しく思っていると続けた。

画像1: コロナ禍での妊娠・出産は悪い事ばかりじゃなかった

コロナ禍で出産した多くのママたちと同じく、見えないウイルスの脅威や一変してしまった生活スタイルに戸惑いや不安を感じることも多かったであろうジジ。しかし、ジジにとっては、パンデミックの最中の妊娠・出産は、落ち着いて体調管理や育児に取り組めるという面ではプラスになったよう。

さらに、ステイホームのおかげで、世界を飛びまわる売れっ子モデルとして過ごしていた超多忙な日々に強制的にストップがかかったことにより、自分を見つめ直すこともできたという。

ジジは、2021年2月に発売された米Vogueの表紙を飾って本格的に仕事復帰し、その翌月にイタリア・ミラノで開催されたヴェルサーチェ(Versace)の秋冬コレクションでランウェイにも復帰。現在はニューヨークに戻り、すっかりカイにメロメロでおもにオムツ替えや食事を担当しているというゼインと一緒に育児を楽しみながら、キャリアにも邁進している。

画像2: コロナ禍での妊娠・出産は悪い事ばかりじゃなかった

(フロントロウ編集部)

元記事で読む