1. トップ
  2. おでかけ
  3. 中国No.1ヒットの映画『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』日中戦争下の上海が舞台

中国No.1ヒットの映画『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』日中戦争下の上海が舞台

  • 2021.6.15
  • 857 views

中国No.1ヒットの映画『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』日中戦争下の上海が舞台

中国映画『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』が2021年秋にTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開される。

www.fashion-press.net

中国興収No.1の映画『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』

『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』は、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』と『TENET テネット』を超えて2020年中国興行収入No.1を記録した中国映画だ。

日中戦争下の上海が舞台

作品の舞台は、1937年、日中戦争下の上海。中国軍の守備隊が、迫り来る日本軍からの砲撃、銃撃、空爆などの総攻撃にさらされながらも命懸けで繰り広げた、「四行倉庫の戦い」として知られる5日間の戦闘の実話を描く。

映画『X-MEN』のティム・クロスビーも参戦

また、構想10年、総製作費80億円を投じて完成させた、リアリティ溢れる戦闘シーンも『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』の見どころの一つだ。20万平米の広大な土地に上海の街をリアルスケールで再現したほか、VFXスーパーバイザーには、映画『X-MEN』『ロード・オブ・ザ・リング』に携わったティム・クロスビーを迎えた。

キャストは、中国版「世界の中心で、愛をさけぶ」で主役を務めたオウ・ハオをはじめ、「The Crossing ザ・クロッシング」のワン・チェンユエン、「山河ノスタルジア」のチャン・イー、「罪の手ざわり」のジャン・ウーのほか、日本軍司令官として中泉英雄も参戦。監督は「ロクさん」「愛しの母国」のグアン・フーが担当する。

作品詳細

『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』
公開時期:2021年秋 TOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開
監督・脚本:グアン・フー
撮影:ツァオ・ユー
美術:リン・ムー
音響:フー・カン
プロデューサー:ワン・ジョンレイ、リャン・ジン、チュー・ウェンジュ
VFX:ティム・クロスビー
出演:ジャン・ウー、チャン・イー、ワン・チェンユエン、ホアン・チーチョン、オウ・ハオ、ドゥ・チュン、リー・チェン、タン・イーシン、チャン・チュンイー、中泉英雄
2020/149分/中国語・日本語・英語/中国/カラー/5.1ch/シネスコ/原題:八佰 英題:The Eight Hundred PG12
日本語字幕:伊藤あゆみ 配給:ハーク 配給協力:EACH TIME

元記事で読む