1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「椿象」=「つばきぞう」じゃないの…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

「椿象」=「つばきぞう」じゃないの…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

  • 2021.6.15
  • 7096 views

みなさんは、「椿象」の読み方がわかりますか?漢字はとても難読ですが、実はみなさんも知っている”虫”のことです。今回は、虫の名前の難読漢字を4つみなさんにご紹介します。何個読むことができるかトライしてみてくださいね。

(1)「蟻」

「蟻」は、「あり」と読むのが正解です!文脈などを見ると読めそうな漢字ですが、単体で見るとなかなか難しいですよね。「蟻(あり)」はとても小さな昆虫で、家の周りや道、公園など、いたるところで見かける身近な存在ですよね。道端に落ちている食べ物などを一生懸命運んでいる姿を見かけることがあるのではないでしょうか。

(2)「螢」

「螢」は、「ほたる」と読むのが正解です!「螢(ほたる)」はお尻を光らせることで知られている昆虫で、たくさんの「螢(ほたる)」が集まるととても綺麗で見に行ったことがある人もいるのではないでしょうか。「ほたる」は、「螢」以外に「蛍」と書くこともでき、一般的には「蛍」と書かれることが多いです。

(3)「椿象」

「椿象」は、「かめむし」と読むのが正解です!「椿象(かめむし)」は触れると悪臭を放つ昆虫で、名前を聞いても「臭い」ということが一番に浮かぶ昆虫ではないでしょうか。「椿象」という漢字は中国語からきていて、古くは中国で「椿象」と書いて「ちんぞう」と呼ばれていました。また「かめむし」という名前は、亀の甲羅に形が似ていることから付けられました。

(4)「蜉蝣」

「蜉蝣」は、「かげろう」と読むのが正解です!「蜉蝣(かげろう)」とは、長い尾を持っていて軟弱な昆虫です。多くの種類があり、幼虫から成虫まで種類によってさまざまな見た目をしています。また、トンボを指す「蜻蛉」も「かげろう」と読むことがあります。混同されがちですが、それぞれ全く別の昆虫です。

読める漢字はありましたか?

普段見たことがあったり名前を知っていたりする虫でも、漢字になると難読なものが多いですよね。話の流れならわかりそうなものも、単体で見るとなかなか難しいです。今回読むことができなかった漢字は、これを機に覚えてみてくださいね。

元記事で読む