1. トップ
  2. ダイエット
  3. “内もも”の引き締めに効果。寝る前3分【細い太もも】へ導く簡単ストレッチ

“内もも”の引き締めに効果。寝る前3分【細い太もも】へ導く簡単ストレッチ

  • 2021.6.15
  • 8480 views

暑くなってきて、脚のラインの出るデザインや素材のボトムスを履く機会が増えてきますが、キレイに履きこなすポイントは太もものおデブ感の軽減が鍵となります。そこで日々のボディケア習慣の1つに採り入れたいのが、脚太に見える原因となる“内もも”の引き締め効果を期待できる「内転筋」の簡単ストレッチです。

内転筋ストレッチ

日常生活で意識してあまり使うことのない太もも内側の「内転筋」の柔軟性を高めるストレッチになります。むくみや疲労感を和らげ、リラックス効果を期待できるので、寝る前の実践が特におすすめです。

(1)床にひざ立ちして片脚を前方に出し、もう片方の脚を後方に下げる

“内もも”の引き締めに効果。寝る前3分【細い太もも】へ導く簡単ストレッチ

▲このとき、後ろ側の脚をできるだけ後方へ下げます

(2)そのまま上半身を前傾させていき、両ひじを床についてゆっくり呼吸しながら30秒間キープする

“内もも”の引き締めに効果。寝る前3分【細い太もも】へ導く簡単ストレッチ

▲姿勢キープ時は前方に出した脚の内側が伸びていることを意識します

これを左右交互に“1日あたり各3回を目安”に実践します。なお、カラダが硬くて床にひじをつけない方は、手の平を着く形でOK。また、逆にカラダが柔らかい方やストレッチ効果を感じにくい方は、前に出した脚に外方向にひねりを加えましょう。

シンプルなストレッチ法ですが、続けていくほどに太ももの内側の柔軟性が増し、股関節周辺まで動きが良くなるのを実感できます。股関節周りの柔軟性をキープするのも脚痩せの大切なポイント。ぜひ習慣化して、細い太ももへと整えていきましょうね。<ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ グランドトレーナー)>

元記事で読む