1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【新連載スタート】大政 絢さんの「花上手」になりたい!|初夏の家時間に幸せをもたらすお花とは?

【新連載スタート】大政 絢さんの「花上手」になりたい!|初夏の家時間に幸せをもたらすお花とは?

  • 2021.6.15
  • 2556 views

雑誌『Precious』表紙キャラクターの大政 絢さん。今月から新連載がスタートします! この連載では、花のある生活を心掛けているという大政さんが「花上手」を目指して、話題のフローリストに新たな花の楽しみ方を教わります。

今回は、「MIHO FLOWERS」主宰のフローリスト・岡本美穂さんに、初夏の家時間にぴったりのアレンジを伝授していただきました。

初夏の家時間に幸せをもたらすお花

花_1
Flower Data: ローズマリー・カモミール・ローズゼラニウム・コリアンダー・ ユーカリ『ニコリー』・ゴンフォスティグマ・アジサイ・バラ『ウェディングドレス』
Q. 部屋で過ごす時間が増えた今夏、最適なお花は?

「今月知りたいのは、家で過ごす時間が増えたので…夏でも長く楽しめて、もっとお部屋が心地よく感じられる、花材の選び方です」と大政さん。

A. ハーブを主役にすると、爽やかな香りが広がります。

そんな大政さんの問いに応えて、フローリストの岡本美穂さんがつくったのは、多種多様なハーブを取り入れたグリーンと白のアレンジ。

「心地いい部屋づくりが目的ならば、初夏に旬を迎えるハーブを主役にするのがおすすめです。ローズマリーやカモミール、コリアンダーといったハーブは見た目の清涼感もさることながら、実際に触ることで強く香り立つので、水替えの時間さえ清々しい気分に。

さまざまな種類のハーブを混ぜることで、グリーンの濃淡が複雑なニュアンスをつくり出し、無造作に花瓶に生けてもサマになります」(岡本さん)。

「ハーブのアレンジを部屋に飾るだけで空気が変わり、森林浴をしているかのような気分に。バラやアジサイといった定番のお花も、ハーブを加えることでセンスよく楽しめるというのも新たな発見です!」(大政さん)

~今回教えてもらったフローリスト~

岡本 美穂さん
フローリスト(MIHO FLOWERS主宰)
(おかもと みほ)パリに店を構える巨匠ジョルジュ・フランソワ氏のもとで勤務後、東京にアトリエを構え、ギフト花から撮影のフラワースタイリングまで幅広く活躍。「ハーブは長めのもので動きをつくり、『ヘンリー ディーン』の足付き花瓶に生けると洗練された印象に仕上がります」。公式のサイトから、ギフト花をオーダーすることも可能。 www.mihoflowers.com

元記事で読む