1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ゲーム・オブ・スローンズ』の“スタバのカップ事件”、デナーリス役が「あの人」を名指し!

『ゲーム・オブ・スローンズ』の“スタバのカップ事件”、デナーリス役が「あの人」を名指し!

  • 2021.6.14
  • 2125 views

『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章に映り込んだコーヒーカップについて、エミリア・クラークがあの人を名指し!(フロントロウ編集部)

『GoT』で大騒動となったスタバのカップ

世界的大ヒットを記録したドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に関して語り継がれる“スタバのカップ事件”を覚えているだろうか。

それは、よりにもよって最終章であるシーズン8の第4話で起こった。エミリア・クラーク演じるデナーリス・ターガリエンが座る机の上に、なんとスターバックスのカップに見えるものが置かれていた。

このカップが実際にスターバックスのものだったかどうかは明らかにされていないけれど、当時、多くのファンはスターバックスのハッシュタグをつけて盛り上がり、スターバックスの公式ツイッターも「正直、彼女がドラゴンドリンクをオーダーしなかったことに驚きました」と反応。この出来事によってスターバックスが得た無料広告の価値は、なんと約200億円以上にのぼると推定されている。

このカップはその後修正されたが、大きな話題となったことで、その前に座っていたエミリアはたびたびイジられることに。しかし彼女もまた、自らこの騒動をジョークにすることを楽しんでいるよう。

エミリア・クラークがあの人の名前を出す

先日出演したオンラインシリーズの『Texting With』で、ファンからの質問に答えていたエミリア。するとその中で、朝に飲みたい飲み物は何かと聞かれ、こんな返答を…。

「スターバックスじゃないよ。ネタバレだけど。記録のためにもう1回言っておこうかな。(ドラマの)あれは私のじゃない。D・B・ワイス、あなたを見てるよ」

カップを置いて忘れてしまったのは自分じゃないとしたうえで、彼女が名前を出したのは、なんと『ゲーム・オブ・スローンズ』のショーランナーであるD・B・ワイス!

画像: (左から)『ゲーム・オブ・スローンズ』ショーランナーのデイヴィッド・ベニオフ、エミリア・クラーク、D・B・ワイス。
(左から)『ゲーム・オブ・スローンズ』ショーランナーのデイヴィッド・ベニオフ、エミリア・クラーク、D・B・ワイス。

これは、彼がカップの犯人だと言うことなのだろうか? しかしエミリアは以前、トーク番組の『The Tonight Show(原題)』に出演した際に、別の人物の名前を犯人としてあげている。それは、ヴィリス役のコンリース・ヒル。

「エミー賞の前にパーティーがあったの。その時、あのシーンで私の隣に座ってたヴァリス役のコンリースが、私を横に引っ張って行って、『エミリア。私は君に話さなきゃいけないことがあるんだよ。あのコーヒーカップは私のだったんだ』って言ったの!あれは彼のだったの!あれはコンリースのコーヒーカップだったの!彼がそう言ったんだから」

エミリアの隣に座っていたコンリースがカップを置くことも、ショーランナーであるD・B・ワイスが現場で歩いている時に置くこともあり得る状況。

コンリースの告白のあとに、真犯人はD・B・ワイスだったと発覚したのか、彼が犯人ではないにしろ、責任はショーランナーである彼にあるという意味でエミリアが名前を言ったのかは分からないが、ファンも楽しんだスタバのカップ事件は、今後も話題にされていきそう。

(フロントロウ編集部)

元記事で読む