1. トップ
  2. 恋愛
  3. 居心地がいい関係になれる!男性との、ほどよい距離感を保つ秘訣とは

居心地がいい関係になれる!男性との、ほどよい距離感を保つ秘訣とは

  • 2021.6.13
  • 968 views

気になる男性との関係性を進展させる上では、相手から「この子といると居心地がいいな」と思ってもらえることが重要です。

そのために大事なのが、ふたりの距離感。近すぎず遠すぎず適切なバランスで相手と向き合うことで、いっそう仲良くなっていけるでしょう。

今回はそんな「男性との、ほどよい距離感を保つ秘訣」を紹介します。

意見や気持ちを、相手に伝える

言いたいことは我慢をせずに言い合える関係性になれたら、素の自分を見せられるようになります。

心を許すことができて居心地もいいので、お互いに特別な存在として意識できるでしょう。

そのためには、不満に感じることを溜め込んでしまってはいけません。その都度ちゃんと吐き出して、話し合うようにするべきです。

意見や気持ちを主張してくれたほうが、男性もいっしょにいて刺激的で楽しくもあるし、なんでも合わせて言いなりになる女性よりも魅力的に感じるものですよ。

相手の自由を奪わない

好きな男性とは少しでもいっしょにいられる機会を増やしたいでしょうが、しつこく会いたがったり毎日何度も連絡をしたりして、相手の自由を奪うのはNGです。

それは束縛以外のなにものでもないので、男性からは次第にうっとうしく思われてしまうでしょう。

ふたりの時間は思いきり楽しみつつも、自由な時間やひとりの時間も尊重し合うことが大切です。

そんな関係性を築けたら男性は自然と、あなたのことを理想的なパートナーとして見てくれるようになりますよ。

すべてを知ろうとしない

好きな男性のことは、どんなことでもいいから知りたくなるものでしょう。

でも実際にすべてを知ろうとしたら、間違いなく男性からは嫌がられてしまいます。

何でもかんでも明けすけにするのではなく、多少は知らないことや見えない部分もあったほうが、お互いに相手への興味も失せにくいです。

探り入れて嗅ぎ回るようなことをしたら不信感だって抱かれてしまうので、焦らずにじっくりと関係性を深めていくことが大事ですよ。

自分の考えを押しつけない

自分の考えや気持ち、趣味などを押しつけるのは、もっともやってはいけないこと。

好きな男性には自分の好きなものをわかってほしいという気持ちも分かります。しかし「こうしなよ」とか「こうじゃなきゃダメだよ」なんて言い方はしてはいけません。

男性側の気持ちを考えていないので、距離感の縮め方としても間違っているとしか言えないでしょう。

自分の好きなものをおすすめするのであれば、男性も嫌な気はしないはずですし、興味を持ってもらえる可能性もありますよ。

相手の気持ちも考えてみて

いっしょにいて居心地のいい距離感を保ってくれる女性のことは、男性も特別な存在に感じるようになるはずです。

自分の感情だけで突っ走らずに、相手の気持ちも考えられると、信頼も築いていけますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む