1. トップ
  2. ファッション
  3. こなれた印象思いのまま!「BIGな白Tシャツ」の辛口シンプルコーデ3選

こなれた印象思いのまま!「BIGな白Tシャツ」の辛口シンプルコーデ3選

  • 2021.6.13
  • 8494 views

永遠の定番アイテムともいえる白Tは、BIGサイズをゆるっと着こなすと、今っぽさをアピールできます。
白Tのもつクリーンなイメージとともに、余裕のある大人のおしゃれを演出しましょう。

■1:ステイシー・マーティンは…×ブラックデニムで切れよく大人のシンプルカジュアルを完成

大人コーデ_1
首元にはゴールドのボリュームネックレスをプラス。ゴールドの輝きがリッチさを盛り上げます。

イタリア、ベニスの空港で見かけられた女優、ステイシー・マーティンのコーディネートです。
ベーシックな白Tに黒デニムを合わせていました。
やや長めの丈なので、フロントをインしています。
これでウエスト周りがすっきり見えるのと、ウエスト位置がはっきりわかるため脚長効果も期待できます。
足元にはコーディネートと同じホワイト×ブラックのバレエシューズを取り入れ、着こなしの配色をリピート。
これによってトータルでまとまった印象に仕上がります。
モノトーンならリッチかつスマートさが高まって、Tシャツとは思えないほど、洗練ムードが漂うのでおすすめです。

■2:ヴィクトリア・ベッカムは…ロングスカートをこなれた印象にクラスアップさせる白Tのサイズ感

大人コーデ_2
いつもヒール靴が多いヴィクトリアですが、この日はフラットなスポーツサンダルを合わせていました。軽快なムードが高まります。

シンプルな大人のモードが得意なヴィクトリア・ベッカムは、N.Y.でキャッチされていました。
白のBIGサイズのTシャツにロングスカートを組み合わせて、クールフェミニンに。
スカートは腰まで落として、BIGサイズのTシャツをインしてもバランスよくまとまっています。
だらしなく見えないのは、Tシャツの袖を折り返してやや短く調整し、自分にとっていちばんいい袖丈をつくり出しているからです。
こんな細かなTシャツのアレンジにより、超ロング丈のスカートでも重たく感じさせていません。
ボリュームあるボトムには、タイトなトップスを合わせがちですが、大きめなTシャツをアレンジして合わせるのが今っぽく新鮮です。

■3:サラ・ハリスは…ボトムスもゆるりとさせれば今どきのリラックスムードが冴え渡って

大人コーデ_3
あえてノーアクセでブレスレットタイプの時計だけを投入。これが全身にリラックス感をもたらすのにひと役買っています。

VOGUE UKでエディターとして活躍し、世界中のコレクション会場でSNAPされているサラ・ハリス。
N.Y.での着こなしは、BIGサイズの白Tに淡いイエローのパンツをコーディネートしていました。
白Tの大きさに合わせて、パンツもオーバーサイズかつ長めの丈でリラックス感十分です。
白と淡いトーンの色合わせなので軽やかさもあり、白Tの清潔感が強調されて見えます。
またボディラインが泳ぐほどのサイズのため、逆に女性らしく華奢さが際立っているところも見逃せません。
足元はあえて黒のスポーツサンダルで、ピリッと引き締めて仕上げると、切れよくアクティブに決まります。

BIGサイズの白Tシャツを今っぽく着こなした3人にクローズアップしました。
トレンドに合わせて、ストレスフリーの雰囲気をつくり出すような着こなしアレンジや、ボトム合わせによって、単なるベーシックなだけに終わらず、リッチでこなれた印象に仕上げていました。
ぜひこれからはワンサイズ大きいものを取り入れて、新鮮味のあるコーデを楽しみましょう。

元記事で読む