1. トップ
  2. 恋愛
  3. はぁ…帰りたい。男性が一緒にいて「疲れる女性」とは?

はぁ…帰りたい。男性が一緒にいて「疲れる女性」とは?

  • 2021.6.12
  • 40919 views

好きな人との時間は、幸福感や癒やしを感じられますよね。ところが反対に、一緒にいて疲れると思わせてしまうと、恋愛感情が冷める原因にもなります。
特に付き合う前の段階ではフィーリングが重要です。本記事では男性が一緒にいて疲れる女性の特徴をご紹介。ぜひチャンスを逃さないよう、振り返ってみてくださいね。

表情が険しい

「ステキな女性でしたけど、よく眉間にシワを寄せていて……。癖だと思いますが、怒っているみたいでもったいないな」(30代/不動産)

▽ 一緒にいる女性が険しい表情をしていると、「つまらないのかな?」「不機嫌なのかな?」と悪い方向に考えてしまいます。こちらの発言のように、無意識に眉間にシワを寄せたり、口元にギュッと力が入る女性は結構多いのではないでしょうか。たまに気づいて和らげることができるといいですね。

お喋りすぎる

「最初はコミュニケーション上手だなって思っていました。でも、ずっと自分の話ばかりして、承認欲求が強いだけなのかも」(20代/経理)

▽ 女性は男性に比べて「お喋り」「共感を求める」とよく言われますよね。女子トークの感覚で話し続けた結果、男性を疲れさせてしまうことが少なくありません。男性の多くは話に結論やオチを求めるので、メリハリのある簡潔な会話を意識しましょう。また、適度に聞き手に回ることも重要です。

回りくどい表現が多い

「初デートした後に『機会があったらまた会いましょう』って言われて、社交辞令の断りだと思ったんです。でも脈アリだったらしくて……『また会いたいです』って言えばいいのに」(20代/事務)

▽ YesかNoか分からない曖昧な言い回しに「ハッキリして!」と反応したこちらの意見。ストレートな男性ほど女性の気持ちが分からなくなり、戸惑ってしまうようです。優柔不断な対応はなるべく控えて、真っすぐに向き合ってみましょう。

男性への寄り添いが少ない

「気になる女性とデートしたのですが、何から何まで僕任せで疲れちゃいました。せめて話題くらい振ってほしいです」(20代/営業)

▽ 頼りになる男性にはつい、何でも任せそうになりますよね。ところが、男性側の負担が大きすぎると、デートなどを楽しむ余裕がなくなる原因に。もちろん頼られることが好きな男性もいます。ですが、気遣いや自立心も大切にしつつ、男性を頼りにしましょう。

男性目線で心地よい関係性を

不機嫌そうな女性と過ごすこと、会話を一方的に聞き続けること、本音が分からない相手と向き合うこと、「重い」と感じるほど頼られ続けること。今回ご紹介した項目はどれも、男性の神経を使わせるシチュエーションと言えます。ぜひ男性目線で心地よい関係性を意識して、プラスな印象を与えましょう。

元記事で読む