1. トップ
  2. メイク
  3. 【蒸し暑い季節の【朝ケア】】テカリ&メイク崩れ知らず。paku☆chanさんが【UV&下地】選び&塗り方を徹底解説!

【蒸し暑い季節の【朝ケア】】テカリ&メイク崩れ知らず。paku☆chanさんが【UV&下地】選び&塗り方を徹底解説!

  • 2021.6.13
  • 1109 views
教えてくれたのは…

ヘアメイクアップアーティスト

paku☆chanさん

モード感を漂わせつつ、その人そのものをきれいに見せてくれるメイクに定評あり。コスメ愛にあふれ、新製品にも詳しい。

1【UV・下地選び】“進化した多機能下地”がオススメ

「最近は一本でUVケアやカバーができる多機能下地が増えています。ベースメイクは重ねれば重ねるほどくずれやすくなるので、多機能下地で使用アイテムの数を減らすのが、ベースメイクをくずれにくくするコツ」

◆肌補整力が高いファンデ級下地
アプリコットで好感度の高い肌に
オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルコンプリートベース
オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルコンプリートベース

01

SPF15・PA++ 30g ¥3850/ヤーマン

血色感を与え色ムラをカバーするアプリコットに、毛穴をぼかすソフトフォーカスパウダーをプラス。下地にもこれ一本でも使える。

自然なツヤ肌をつくる上品ベージュ
ディオール ディオールスキン フォーエヴァー スキン ヴェール
ディオール ディオールスキン フォーエヴァー スキン ヴェール

SPF20・PA++ 30ml ¥6380/パルファン・クリスチャン・ディオール

ニュートラルなベージュが肌の色ムラや凹凸をカバーすると同時に、重さのないオイルが光を反射させ、明るくつややかな肌を演出。

◆UVケア×カラーコントロール
パープルではかなげな肌を演出
アリィー カラーチューニングUV
アリィー カラーチューニングUV

PU

SPF50+・PA++++ 40g ¥1980(編集部調べ)/カネボウ化粧品

軽いテクスチャーが人気のUVジェルに、透明感を際立たせるパープルが登場。紫外線防御膜が皮脂と混ざりにくく、テカリも防ぐ。

ピンクベージュで自然にトーンアップ
ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクション トーンアップ ローズ
ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ

SPF50+・PA++++ 30ml ¥3740

7種の紫外線防止剤をバランスよく配合し、高いカット効果とつけ心地のよさを両立。光をコントロールして、トーンアップ効果も。

2【基本の塗り方】しっかり塗ってからスポンジでオフ

「テカリやくずれの最大の原因は、ズバリ“塗りすぎ”。UVや下地を全体になじませたら、ファンデの前にスポンジでポンポンとパッティングしておくと、余分な下地やUVがスポンジに吸収されて、くずれにくくなります」

ひし形スポンジが使いやすくてオススメ

「適度な厚みがあるので肌あたりがとてもやわらか。先端を使うと細かい部分にとどきます」

形も厚みも絶妙なやわらかスポンジ
エスティ ローダー スーパー プロフェッショナル メークアップ スポンジ
エスティ ローダー スーパー プロフェッショナル メークアップ スポンジ

4個入り ¥1320

リキッドとクリームファンデ用のスポンジ。

軍司由稀さん スポンジ使用例

肌に垂直にポンポンとスポンジを当てるのがコツ。スポンジで肌表面をこするとUVや下地がよれるので要注意。

消しゴムのカスみたいな「モロモロ」を防ぐには?

「スキンケアと下地やファンデの相性の問題なので、一度モロモロになった組み合わせは避けます。化粧品がたくさん肌の上にのった状態でもなるので、ファンデの前にスポンジでパッティングするのも効果がありますよ」

3【応用の塗り方】UV×下地のときは下地は中央に重ねる

とはいえUVと下地両方を使いたいことも。「両方使うなら塗るゾーンを分けます。UVを顔全体にのばした後、下地は肌をきれいに見せたい顔の内側を中心にのばすと、紫外線が防げるし、自然な立体感も出ます」

軍司由稀さん UV×下地の塗り場所

日焼けを防ぐためにも、UVは顔全体と首に。トーンアップ効果のある下地は顔の内側の明るく見せたい部分に。

化粧水は塗り方を変えて3度づけ

「同じ化粧水でも入れ方を変えるとさらに浸透。撮影の前はコットン→手→コットンパックで入れていきます」

化粧水は塗り方を変えて3度づけ/コットン→手→コットンパック

撮影/金栄珠(人物)、藤本康介(静物) モデル/軍司由稀(VOCEST!) 取材・文/永田みゆき 構成/佐野桐子

元記事で読む