1. トップ
  2. トリンドル玲奈が「泣くな研修医」に出演! 女性キャスト5人が屋上でダンスするシーンも

トリンドル玲奈が「泣くな研修医」に出演! 女性キャスト5人が屋上でダンスするシーンも

  • 2021.6.12
  • 334 views
土曜ナイトドラマ「泣くな研修医」に出演するトリンドル玲奈 (C)テレビ朝日
土曜ナイトドラマ「泣くな研修医」に出演するトリンドル玲奈 (C)テレビ朝日

【写真を見る】トリンドル玲奈演じる北村が、研修医や看護師たちとダンスするシーンも

トリンドル玲奈が土曜ナイトドラマ「泣くな研修医」(毎週土曜夜11:00-11:30、テレビ朝日系)に、6月12日(土)放送の第8話から出演。雨野隆治(白濱亜嵐)らの病院に入院してくるコピーライター・北村あすかを演じる。

腹痛を抱えてやって来た北村は、くるみ(恒松祐里)が担当することに。くるみは好きな看板のキャッチコピーを作ったコピーライターが北村だと知って喜ぶ。北村はエコー検査で腹水の溜まりが見つかり入院することになるが、一方で研修医同士で行ったエコー検査の練習で、隆治はくるみのエコー画像に怪しい影を見つける。

【写真を見る】トリンドル玲奈演じる北村が、研修医や看護師たちとダンスするシーンも (C)テレビ朝日
【写真を見る】トリンドル玲奈演じる北村が、研修医や看護師たちとダンスするシーンも (C)テレビ朝日

そんな第8話だが、最後ではなぜか北村がくるみ、佐藤(木南晴夏)、看護師の吉川(西尾まり)、相沢(奥山かずさ)と5人で、病院の屋上でノリノリで歌いながらダンスを披露するシーンも。

聞こえてくる5人の歌声の中にはちょっと音程がずれている人もいるが、5人の映像がスローモーションで流れる、まるでミュージックビデオを見ているような1シーンとなっている。

北村(トリンドル玲奈)は隆治(白濱亜嵐)から「無理をしないように」とメッセージをもらって喜ぶ (C)テレビ朝日
北村(トリンドル玲奈)は隆治(白濱亜嵐)から「無理をしないように」とメッセージをもらって喜ぶ (C)テレビ朝日

第8話「自分らしさってなんですか?」あらすじ

コピーライターの北村あすか(トリンドル玲奈)が腹痛で診察にやってくる。

担当したくるみ(恒松祐里)は、北村のエコー検査の前に練習をしたいと、隆治(白濱亜嵐)ら研修医たちに協力をお願い。4人はお互いにエコー検査をして練習することになった。

くるみの番になり、エコーのモニターをチェックしていた隆治は気になる点を見つけるが、くるみには「異常なし」と伝えてしまう。

後日、北村をエコー検査したくるみは、腹水の溜まりを見つけ、検査入院を勧める。隆治は密かに放射線科の藤堂(山口智充)にくるみのエコー画像を見てもらうことに。すると藤堂は、子宮頸がんの可能性があると言う。

その矢先、研修室に戻ったくるみが、激しいお腹の痛みで倒れてしまう。

元記事で読む