1. トップ
  2. スキンケア
  3. 「オルビスのパウダーウォッシュプラス1,296円で、サラサラツルスベ肌に! 」ビューティ エキスパート大髙博幸さん| #プロもやっぱりプチプラ好き vol.51

「オルビスのパウダーウォッシュプラス1,296円で、サラサラツルスベ肌に! 」ビューティ エキスパート大髙博幸さん| #プロもやっぱりプチプラ好き vol.51

  • 2021.6.12
  • 1108 views

第51回目の美のプロは…ビューティ エキスパート・大髙博幸さん

ビューティ エキスパート・大髙博幸さん

W酵素の濃密泡で、古い角質&毛穴汚れがスッキリ。オルビスの『パウダーウォッシュプラス』

オルビス パウダーウォッシュプラス 50g ¥1,296 (税込)

たんぱく分解酵素のプロテアーゼと、皮脂分解酵素のリパ ーゼの酵素を配合。2種類の酵素が角栓の元となる古い角質と皮脂をバラバラに分解。さらに弾力のあるモチモチな濃密泡が簡単に作れる、イージーホイップ処方を採用。この濃密泡でW酵素で分解した汚れをしっかり絡み取ってくれる仕組みに。ヒアルロン酸やコラーゲン、ローヤルゼリーエキスなどの保湿成分も配合されているので、後肌もしっとり滑らか。

群を抜いた角質ケアで、ノーリスク好結果!

「マスク生活を送る中で、皮脂の増加に伴い、洗顔を見直そうという人も多いと思います。そこでお勧めしたいのが、この酵素洗顔パウダー。泡立てると、いい意味でぬめり感を伴った滑らか泡に。そして、 洗い流した瞬間、サラサラツルスベのアイロンをかけたような肌に! また、泡をつけて顔を撫でている時に、洗い流すタイミングを気にしなくて済むのも利点。酵素洗顔料の多くは塗布時間を長引かせてしまうと、肌の表面が熱くなることがあるのですが、これはそれが起こらない。カーッと熱くなるまで洗うと、その後の肌コンディションが悪くなってしまうのです。本当にちょっとのことで肌は左右されるので、角質ケア選びはとても重要ですよ。 スクラブやクレイパックよりも簡単でリスクが少なく、最良の結果が得られると思います。

また、酵素洗顔パウダーは湿気で固まりやすいのが難点。以前、使い比べの企画をした際に、同じ湿気状態で固まる様子を調べたことがあるのですが、これは湿気に負けずに開封したてのような鮮度をキープ。そこも好きなポイントです」(大髙さん)

 

肌タイプを選ばずに使える

この酵素洗顔料の優秀な点は、ドライでセンシティブな人でも使えるところ。 ドライで肌が弱い知人に勧めたら、とても喜ばれたことがあります。ですが、使用頻度には注意が必要。オイリーで角質が厚い人や湿度が高い時期などは、週に2〜3回使用可能ですが、肌が薄いタイプの人は週に1回だけ使用して様子を見てください。

使用方法としては、最初にTゾーン、特に鼻の周りをしっかり洗い、その後に顔全体を優しくソフトに洗います。頬などをソーッと力を抜いて滑らせます。さらに再び鼻に戻り、ちょっと圧をかけて洗うのが大髙流。コンビネーションスキンの人は、まずは鼻の周りだけに使用しても良いと思います」(大髙さん)

 

【プロフィール】
今回、紹介してくれたのはこの方!

◆ビューティ エキスパート 大髙博幸さん

1948年生まれ。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメイクを担当。外資系化粧品会社数社で、メイクアップアーティスト、美容教育マネージャー、製品開発マネージャーを歴任後、フリーに。現在は、コメンテーター、マーケティング & 製品開発アドバイザー、美容セミナー講師として活躍中。

 

撮影/宮崎貢司 構成/むらなかさちこ

元記事で読む