1. トップ
  2. ファッション
  3. ひんやり、涼しげ。夏コーデに効く「シルバー小物」の活用法【海外スナップ】

ひんやり、涼しげ。夏コーデに効く「シルバー小物」の活用法【海外スナップ】

  • 2021.6.14
  • 1382 views

シルバー小物は、バッグやシューズ、ジュエリーなどが挙げられます。

ご紹介する三人のセレブたちは、それぞれ違うアイテムでシルバー小物を取り入れ、涼感コーディネートを叶えていました。着こなしの色とシルバー小物の配色バランスもチェックしてみてください。

■1:ジャネット・フリス・マドセンは…シルバー小物一点投入で夏の黒を重くさせない

オールブラックにしたからこそ、シルバー小物の存在感がより引き立ちます。
オールブラックにしたからこそ、シルバー小物の存在感がより引き立ちます。

ブランド『ROTATE Birger Christensen』の創設者兼クリエイティブディレクターを務めるジャネット・フリス・マドセン。パリ ファッションウィークでは、きりっとかっこいい夏のオールブラックスタイルを披露しました。

Tシャツ、デニムパンツ、サンダルといった親しみ慣れたアイテムで構成していますが、それぞれディテールにこだっているからこそ無難になりません。Tシャツはキャッチーな赤ロゴ、パンツはジップ付き、サンダルは親指が覆われているデザインなのでモードな雰囲気に着地。さらに、引き締め効果抜群なので肌見せする夏には嬉しいです。

しかし、一歩間違えると夏のオールブラックは重く、暑苦しく見えてしまう場合もあります。そこで彼女は、ひんやりとした見た目のシルバーバッグを活用。華奢なチェーンデザインが、スタイリッシュな面持ちを助長します。

■2:ジョヴァンナ・バッタリア・エンゲルベルトは…白×シルバーで涼感ばっちり

白とシルバーの似通った色合わせで、清涼感を引き上げることに成功。
白とシルバーの似通った色合わせで、清涼感を引き上げることに成功。

ファッションエディター、スワロフスキーのクリエイティブディレクターとして活躍するジョヴァンナ・バッタリア・エンゲルベルト。パリ ファッションウィークにて、まさに淑女な佇まいでさすがの貫禄を見せました。

夏の街中で映える真っ白なワンピースは、緩やかなカーブがかかった襟、くびれたウエスト、なだらかに広がるボトム部分など、仕立ての良さを感じるディテールにうっとり。バッグも同じカラーでまとめながら、柄が入っていることでのっぺりするのを防止しています。

きめすぎに見えるのは避けたいので、足元にはフラットのトングサンダルをセレクトし気負いなさを演出。白と馴染みの良いシルバーを選んだことで、清涼感が倍増しました。

■3:クリステン・スチュワートは…シルバーネックレスで顔周りをクールに縁取って

トップスとパンツのシンプルコーディネートにマンネリしているのなら、ネックレスを思い思いに重ねて。
トップスとパンツのシンプルコーディネートにマンネリしているのなら、ネックレスを思い思いに重ねて。

第76回ヴェネツィア国際映画祭のフォトコールに登場した女優のクリステン・スチュワートは、シルバーネックレスを使って夏コーディネートをブラッシュアップしていました。

黒のラインがシャープなエッセンスを加えてくれるカーキトップスを使って、辛口レディな表情へ。そこに、白のパンツを合わせ夏らしい軽快さを手に入れています。シューズもマニッシュなオックスフォードを選び、クールなカーキと白の配色に寄り添わせて。

仕上げに、チェーンの長さや太さ、デザインが異なるシルバーネックレスを三連付けしてひんやりとした印象をプラス。顔周りを立体的にしたことで、華やかにきまっています。

さらっと取り入れられるのに、涼しそうな印象がぐんとアップするシルバー小物活用法をお届けしました。この夏のお供となる、バッグやシューズ、ジュエリーなどといったお好みのシルバーアイテムを見つけてみてはいかがでしょうか。

元記事で読む