1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 祝・デビュー8周年!BTS(防弾少年団)が達成してきた30の偉業をプレイバック

祝・デビュー8周年!BTS(防弾少年団)が達成してきた30の偉業をプレイバック

  • 2021.6.11
  • 237 views

ソウルに集まった7人の少年が、グラミー賞候補のトップアーティストになるまで

2012年12月:「BTS」としてSNSに登場

2010年頃から、レコード会社「Big Hit Entertainment」のオーディションなどを経てメンバーが集められていったBTS。「What's up! BTSです」という書き出しで、公式Twitterが初めてツイートしたのは2012年12月18日のこと。

それから正式なお披露目までのあいだ、徐々にメンバーの写真やMVが公開されるように。動画は、2013年2月にジョングクの中学卒業と同時に公開された、ジョングク、ジミン、J-HOPEの初々しいMV!

bangtan.official

2013年6月:BTSとしてデビュー

2013年6月13日、音楽番組「Mカウントダウン」でデビューシングル『No more Dream』のステージを初披露!

メッセージ性の強いラップや力強いパフォーマンスが、世代を超え多くの人の心をつかみ、2013〜2014年にかけて5つの新人賞を受賞。“新人賞を総なめにしたラップ集団”として知られるように。

bts_bighit

2013年12月:日本で初ライブ

2013年12月〜翌1月に、日本で初めてのライブを開催。まだ日本でのデビュー前にも関わらず、会場キャパ20倍の応募が殺到し、超満員の観客を集めたことでも話題に。

病み上がりでステージに立ったSUGAに向け、ジンがサプライズで手紙を読み、「SUGAはBTSの誇り。必ずメンバーとファンのみんなと一緒に伝説を作ろう」と伝えた感動的な一幕も。

bangtan.official

2014年2月:ビルボードのチャートにランクイン

『Boy in Luv』をリード曲とするアルバム『Skool Luv Affair』が、ビルボードの「ワールド・アルバム・チャート」で3位を記録し、世界のアルバムチャートに初めてランクイン!

当時はその快挙があまりピンとこなかったらしく、インタビューで当時を振り返ったJ-HOPEは、「次第にすごいことだとわかって、これからも頑張ろうと思った」とコメント。

bangtan.official

2014年6月:日本デビュー

韓国でのデビューから約1年経った2014年6月4日、『NO MORE DREAM -Japanese Ver.-』で日本デビューを果たし、日本での本格的な活動をスタート。

当時のインタビューでジョングクが語った目標は、「東京ドームで公演をしたいです」!

元記事で読む