1. トップ
  2. 恋愛
  3. メーガン妃、絵本作家に! 2,000冊を全米の学校&図書館に寄付

メーガン妃、絵本作家に! 2,000冊を全米の学校&図書館に寄付

  • 2021.6.11
  • 111 views
ELLEgirl

6月8日(現地時間)に初めての絵本『The Bench(原題)』を出版したメーガン妃、これはハリー王子と長男のアーチーの姿を見ていてインスピレーションを得たもの。2019年5月にアーチーが誕生、翌6月に父になって初めての父の日を迎えたヘンリー王子のために妃が作った詩を元に、父と子の絆を描いている。

courtesy of Random House Kids via Instagram

イラストを手がけたのはアメリカの絵本作家クリスチャン・ロビンソン。ハリー王子とアーチーをモデルにした父子がベンチの上で一緒にお昼寝をしたり、鶏にえさをあげたりする姿が描かれている。また6月4日(現地時間)に生まれた長女リリベットを抱っこしたメーガン妃も登場する。

courtesy of Archewell by Harry and Meghan via Instagram

メーガン妃はこの絵本が出版された翌日、アメリカ全土の学校や図書館に2,000冊を寄付することを発表。妃と王子のチャリティ財団「アーチウェル」が「学校に通う子どもたち、その親たちは1年以上前から前例のない困難な状況に直面してきました。メーガン妃はこれからの社会はよりよい暮らし、食べ物や教育、感情や精神の健康を支援しコミュニティを豊かにしていくことが大切になると信じています」と発表した。アーチウェルでは食べ物や生活必需品だけではなく、本や玩具などの教育のための資源もコミュニティに提供し、サポートしていきたいとコメントしている。今回の絵本の寄付もその一環だという。

王室離脱後、Netflixとの番組制作やポッドキャストのローンチなど様々な手段でメッセージを発信している妃。新たに「絵本作家」としてもキャリアを築いていくのか、注目したい。

元記事で読む