1. トップ
  2. メイク
  3. 「新透明感♡」このプチプラコスメ、数量限定の早い者勝ちです!

「新透明感♡」このプチプラコスメ、数量限定の早い者勝ちです!

  • 2021.6.11
  • 2392 views

今回は2021年6月に数量限定で発売される、club(クラブ)の透明感コスメ「クラブ アミュチア フェイスグロウカラー」と「クラブ エアリータッチ ライティングパウダー」をご紹介します。

どちらも初夏~夏メイクに使うのにぴったりのコスメなので、要チェックですよ!

clubの限定コスメで透明感GET

今回数量限定コスメとして発売されるのは、2021年6月13日発売の「クラブ アミュチア フェイスグロウカラー」と2021年6月19日発売の「クラブ エアリータッチ ライティングパウダー」の2アイテムです。

今回はそれぞれの特徴をご紹介していきますので、参考にしてくださいね。

マルチに使える!「クラブ アミュチア フェイスグロウカラー」

「クラブ アミュチア フェイスグロウカラー」は、Cゾーンに塗って華やかさを出したりチークとして使ったりアイシャドウにプラスしたり……等々、色々な使い方ができるスティックタイプのマルチフェイスカラー

立体感と血色感、そしてナチュラルな透明感と明るさをプラスすることができます。

やわらくなめらかな質感で肌馴染みがよく、塗るとさらっとした質感になるところが使いやすいです。

また3Dパウダーが配合されておりしっかり光を反射させるので、明るく立体的に見せる効果が期待できますよ。

ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているところも◎


■価格:1,320円(税込)

「クラブ アミュチア フェイスグロウカラー」はロゼクラシックとチャイアプリコットの2色展開です。

ロゼクラシックは青みがかったピンクベージュカラーで、大人可愛い雰囲気をプラスします。

チャイアプリコットはくすみオレンジカラーでヘルシー&健康的な雰囲気に仕上げてくれますよ。

色見と質感はこのような感じです。

どちらも発色は上品な感じなので、色々なメイクに合わせられますよ!パール感もきれいですよね。

「クラブ アミュチア フェイスグロウカラー」の使い方は?

「クラブ アミュチア フェイスグロウカラー」はスティックを直接このようにお肌にすべらせて塗布することができます。しっかり主張させたいときにおすすめの塗り方です。

スティックで直接塗布した場合は、最後に指でぽんぽん馴染ませると、より自然に。

細かいところに塗布したい場合やナチュラルに仕上げたい場合には、指にとってから塗ると◎

お肌にトントンと置くような感じで塗布してくださいね。

実際に使ってみた!

「クラブ アミュチア フェイスグロウカラー」を実際に使ってみたところを写真でご紹介します。

まずこちらがbeforeの状態です。

そしてafterがこのような感じ。

パール感とほのかな色みがプラスされて、上品かつ明るい目元になっているのがわかりますよね。

フィット感が高いので、アイシャドウベースとして使うのもおすすめですよ。

目元を自然に明るく見せる「クラブ エアリータッチ ライティングパウダー」

「クラブ エアリータッチ ライティングパウダー」は目元用のパウダーハイライトのようなアイテムで、レフ版効果で光で飛ばすようにして目元の気になるくすみやクマをカバーします。

またさらっとしたパウダーで皮脂吸着成分や撥水成分などが配合されているので、アイメイクの仕上げに使うことで、にじみを予防する効果も期待できます。

メイクがどうしても崩れやすくなる夏場に大活躍してくれそうですよね。マスクメイクのときにももちろんおすすめですよ!

また乾燥しやすい目元に嬉しいスクワランやリピジュアなどの保湿成分も配合されています。


■価格:1,045円(税込)

肌馴染みがよく目元を自然に明るくしてくれるブライトベージュカラーで、白浮きしにくいところも使いやすいポイント♪

きらきら輝くパール感もきれいですよね。

使い方&使ってみたところ紹介

「クラブ エアリータッチ ライティングパウダー」は指にとって、くすみやクマが気になる目の下にさっと塗布してください。

すると、このような仕上がりに。

自然でやりすぎ感が無いのに、しっかり明るい目元に見えていますよね。

もちろんくすみやクマをカバーしたいときだけでなく、目元を華やかに見せたいときに使うのもおすすめですよ!

今回はお肌に透明感&明るさをプラスすることができる数量限定コスメを2つご紹介しました。いかがでしたか?

どちらもこれからの季節のメイクに活躍すること間違いなしのアイテムです。ぜひチェックしてみてくださいね。


掲載商品は取材時点のものであり、現在お取扱いしていない場合があります。

元記事で読む
の記事をもっとみる