1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『恋はDeepに』伏線を一気に回収するような最終回! 次週スペシャルに期待の声も

『恋はDeepに』伏線を一気に回収するような最終回! 次週スペシャルに期待の声も

  • 2021.6.10
  • 1095 views
涙を流す蓮田倫太郎(綾野剛)&渚海音(石原さとみ) 『恋はDeepに』第9話 (C)日本テレビ width=
涙を流す蓮田倫太郎(綾野剛)&渚海音(石原さとみ) 『恋はDeepに』第9話 (C)日本テレビ

とある“ヒミツ”を抱えた海洋学者の渚海音(石原さとみ)とツンデレ御曹司の蓮田倫太郎(綾野剛)が紡ぐDeepなラブストーリー『恋はDeepに』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が6月9日(水)に放送された。最終回となった第9話では、いよいよ海音が海に帰ってしまう。蓮田トラストはピンチを切り抜け、鴨居研究室も解散の危機を逃れ、海音のために送別会まで開かれるなど幸せなエンディングに向かっているかと思いきや…。(文=Nana Numoto) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください

■倫太郎、倒れる!


海音が轢かれそうになるのを助ける際に、倫太郎は頭を強く打ってしまう。直後はいつものように気丈に振る舞っていた倫太郎だが、時々激しく痛むような素振りを見せた。そんな中で海音が海に帰る日が迫る。鴨居(橋本じゅん)のデータによると、海音が浜に打ち上げられていたのは風が強く波が高く、さらに満月の日だったそう。鴨居は満月の力で潮流が大きく変化することが、陸と海の世界を繋いだのではないかと話した。そしてこの話をした日の3日後こそが海音が海に帰るのに相応しい“スーパームーン”の日だという。これを聞いた海音は、改めて倫太郎と離れ、海に帰る決意をする。


海音が海に帰ってしまうことに気づいた倫太郎は、サプライズでの送別会を企画した。鴨居研究室と蓮田トラストそれぞれのメンバーで集まりパーティーをしたその日の夕方、倫太郎は海音に永遠の愛を誓う。そして二人が研究室の外で別れを惜しむ中、海音は海に帰ることを伝えるのだった。だがその瞬間、倫太郎は膝から崩れ落ちるように倒れてしまった。

■夜の海で、海音との別れ


どうやら事故の際に頭を打ったことで頭の中で出血が進んでいたそう。緊急手術を受けるも意識が戻らずにいる倫太郎に、海音はこれまで救ってきた時のように、そっとキスをする。しかし倫太郎はなかなか目を覚まさない。残酷なことに海に帰る日が来てしまい、海音は倫太郎のそばを離れるしかなかった。その晩、ようやく目覚めた倫太郎は星ヶ浜に向かい、海音との別れの挨拶をするのであった。


こうして二人の切なくも儚い恋は海へと消えてゆく。夜の海で交わされるキスや、キラキラと輝く水面、そして波の音を聞いていると、本作がいかに美しさにこだわって作られたのかがうかがえる。

■「来週はお祭り騒ぎだ!」と期待の声も


その一方で、奇をてらったストーリーは最後まで視聴者を惹きつけた。最終話にも関わらず、海音の送別会、そして榮太郎(渡邊圭祐)の寄付による鴨居研究室の存続、兄弟仲の修復、光太郎(大谷亮平)と家族仲の修復、蓮田トラストが危機を脱するなど、これまでの伏線を一気に回収するような盛りだくさんの内容で最後まで飽きさせない。さらには海音が去った3年後が描かれ、そこでは倫太郎が海の家のオーナーとして星ヶ浜をすぐそばで見守っていた。

そしてそこには海音を思わせる女性の後ろ姿も! これにはSNS上でも「50分じゃおさまらないエピソード」「来週はお祭り騒ぎだ!」などと、次週に放送が決定している『恋はもっとDeepにー運命の再会スペシャルー』への期待が高まるような声も散見された。


本編のラストシーンでは倫太郎が海の家「Marine Sound」(これは海音を指していると思われる)を営み、ずっと海音を待っているのであろう姿が描かれたが、スペシャル版の予告ではこの海の家を営むまでの経緯と、3年後の鴨居研究所のメンバーの姿、そして倫太郎と海音が再会できるのかが明かされるようだ。切ない別れを経験した二人に、とびきりの幸せが訪れることを期待してしまう。

元記事で読む