1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 片付けのプロが教えます!キッチンのストレスをスッキリ解消!時短につながる整理収納術

片付けのプロが教えます!キッチンのストレスをスッキリ解消!時短につながる整理収納術

  • 2021.6.10
  • 28164 views

整理収納アドバイザーのmaikoです。家事の中でも、多くの割合をしめる“キッチン仕事”。キッチンが使いやすく整っていれば、家事のストレスも少なくなります。そこで今回は、キッチンのストレスが解消する「時短につながるキッチン整理収納術」をご紹介します。

使用頻度で収納場所を決める

何かと必要なアイテムが多いキッチン。こまごまとしたモノが多く、ごちゃごちゃした状態の収納では取り出しがスムーズにできずにストレスに。

キッチンでの作業をスムーズにするには、“取り出しやすさ”が時短のカギ。

必要なアイテムをサッと取り出すためには、使用頻度を考えて収納場所を決めるのがポイントです。

使用頻度の高いアイテムは、種類ごとに分けて収納することにはこだわらず、優先的に取り出しやすい場所に収納すると、使い勝手がよくなり時短にもつながります。

また、使用頻度と合わせて、それぞれ使う場所の近くにアイテムを収納すると、さらに時短効果がアップ。

例えば、コンロまわりで使うフライパンや鍋、キッチンツールなどはコンロの近くに、水回りで使うザルやボウルは、シンク近くに収納するといいですね。

作業スペースを確保

ストレスのないキッチンに整えるには、収納だけでなく、スペースの使い方も大切なポイント。キッチンでのスムーズな作業には、普段は何も置かない“作業用のフリースペース”が欠かせません。

調理器具や家電などのかさばるアイテムが多いキッチンでは、空いているスペースがあると、ついつい何かの収納場所にしてしまいたくなりますよね。

しかし、フリースペースがなければ、調理中に食材をまとめて置くことなどもできず、何度も冷蔵庫を開け閉めしなければいけなかったり、食材の使い忘れが出てしまったり…。また、料理を盛り付けた食器を、一枚ずつどこに置こうかと考えながら、キッチンをウロウロするのもストレスや時間のロスになってしまいます。

フリースペースをきちんと確保できれば、キッチンでの作業がスムーズになり、時短にもつながるはずです。

整理は食器の見直しから

キッチンの整理では、使っていないキッチンツールや便利グッズを手放すことに注力しがち。もちろんそれも大切ですが、ぜひ、早い段階で取り掛かって欲しいのが、”食器の見直し”です。

キッチンでの作業をスムーズにするには、食器の取り出しやすさもポイントです。しかし、割れたり欠けたりしないと手放すタイミングのない食器は、キッチンの中でも増えやすいアイテムのひとつ。

たくさんの食器でいっぱいになった食器棚は、取り出しや片付けの際にもストレスが多く、時間のロスにもつながります。また、奥にしまい込んでいる食器は出番もなく、結局いつも使うのは、手前に置いてある数種類の食器だけ…なんてパターンもよくありますよね。

食器を手放すタイミングは、割れたり欠けたりした時ではありません。必要な枚数を意識しながら、使っていない食器は思い切って手放しましょう。それだけで食器棚のスペースにゆとりができ、取り出しや片付けがスムーズになるはずです。

また、“食器は料理を楽しむためのアイテム”と考えて、気に入った食器を中心に持つと、キッチンでの家事が楽しくなります。

ポイントを押さえてキッチンを整え、使い勝手の変化や時短の効果を感じてみてくださいね。

元記事で読む