1. トップ
  2. ファッション
  3. 【ON⇔OFF兼用】グラミチのジャケットとカミナンドのローファーを使ったコーデ

【ON⇔OFF兼用】グラミチのジャケットとカミナンドのローファーを使ったコーデ

  • 2021.6.9
  • 808 views

ON⇔OFF兼用アイテムではたら着方改革

「平日着る服は仕事着だから」と割り切ってしまうのはもったいない。ONでもOFFでもワクワクできるウェアで、ワードローブを一新!

ONの定番を“じつは”なアイテムにこっそり代えて
ON STYLE
サキュウのオックスフォードシャツ1万4300円(サキュウルームストア) マッキントッシュフィロソフィーのスカート2万4200円(サンヨーショウカイカスタマーサポート) タイドウェイのトート2万5300円(タイドウェイ東京店)ラッキーソックスのソックス1980円(ラッキーソックス) さざれの時計5万1700円(フォーティーンショールーム)
Ⓐ GRAMICCIグラミチのジャケット
“じつは”ポケット多し!

薄くパリッとした質感のストレッチウェザー素材は、タテ糸とヨコ糸に混紡糸を使用。高密度でストレッチ性にも強度にも優れている。裏地にメッシュを使った軽い着心地で、ジャケットスタイルでも涼しく過ごせる工夫が。大型パッチポケットの内側にはスラッシュポケットも。1万8480円(インス)

Ⓑ CAMINANDOカミナンドのローファー
“じつは”2wayで履ける

かかとを踏んでスリッパのようにも履ける2 wayローファーは、あらゆるシーンに対応。レザーには踏んでもシワになりにくい加工が施され、タフに使用しても安心。ビットローファーの端正なディテールが活きるシャープなつま先やスリムな形で、すっきりした足元に。2万350円(グラビテート)

ONの着方CHECK!

  • ディティールにときめくアウトドア由来ジャケット

こう見えて、ポケットをたくさん備えたギアジャケット。クライミングウェアを作るグラミチらしさはそのままに、小さめのテーラードでフォーマル感をプッシュしたデザイン。

 

  • 足元のビットでぐっと上品見え

落ち着いたトーンになりがちなONスタイルのアクセントとして作用。エレガントなゴールドの金具が、主張しすぎずに足元を華やかに演出し、クラスアップした装いに導きます。

 

  • レザートートは肩掛けできるサイズを

急に発生した書類など、荷物が増えることを考えて、肩掛けもできる持ち手のレザートートをスタンバイ。シャープなスクエア型と、A4が入るサイズであることも必須条件。

休日のオーバーオールはジャケットを羽織れば大人見え
OFF STYLE
ハーベスティのオーバーオール2万4200円(ハーベストムーン) グッドウェアのTシャツ6490円(スタンレーインターナショナル) イロセのスマートフォンケース8800円(イロセ) オープンエディションズのthank youトート7480円(ハイ!スタンダード) テバのサンダル8580円(デッカーズジャパン)

ボーイッシュなオーバーオールを、高スペックのジャケットでハンサムに着こなす。袖口をくるっと巻いて手首を見せる着こなしテクで“こなれ感”もアピール。サンダルで抜け感を出し、バッグとともに明るいベージュをセレクトすれば春夏らしい配色が完成します。

OFFの着方CHECK!

  • オーバーオールにジャケットが大人のバランス
  • サンダルやバッグで明るい色を差す
カジュアルな重ね着が締まるキレイと楽の両得スリッポン
OFF STYLE
ハーベスティのシャツワンピース2万1780円(ハーベストムーン) アーバンリサーチのニットベスト1万2100円(アーバンリサーチ渋谷ヒカリエシンクス店) サキュウのデニム2万7500円(サキュウルームストア)オーシバルのPVCトート8250円(アーバンリサーチドアーズ 二子玉川ライズ店)

デニムにシャツ、ニットベストのレイヤード3段活用で、手抜きに見えないOFFスタイルを実現。デニムはレギンス感覚で少しだけ見せると好バランス。重ね着がボリューミーな分、足元はスリッポンで軽やかに調整しましょう。スタイリッシュなアクセントになります。

OFFの着方CHECK!

  • かかとを踏めば、休日モード到来
  • ちょこ見えするデニムがキモ

[LaLa Begin 2021年 6-7月号の記事を再構成]写真/小野田陽一 伏見早織 文/仁田ときこ 間中美希子 渡辺 愛 沖田智子 スタイリング/新田アキ ヘアメイク/村上 綾 モデル/潮田あかり イラスト/橋村実里 ※掲載内容は発行時点の情報です。

元記事で読む