1. トップ
  2. 「惑星ソラリス」「サクリファイス」など長編全7作を上映 「タルコフスキー、精神・物質・官能」6月26日から開催

「惑星ソラリス」「サクリファイス」など長編全7作を上映 「タルコフスキー、精神・物質・官能」6月26日から開催

  • 2021.6.9
  • 654 views

「惑星ソラリス」「サクリファイス」など長編全7作を上映 「タルコフスキー、精神・物質・官能」6月26日から開催

画像1
長編全7作を上映

遺作となった「サクリファイス」を含む、アンドレイ・タルコフスキー監督による7作品の特集上映「タルコフスキー、精神・物質・官能」が渋谷ユーロスペースで6月26日~7月9日に開催される。

タルコフスキー監督は、長編作は7本と寡作だが、水、雨、光など自然を駆使した抒情的な作風により映像の詩人と呼ばれ、世界中に映画ファンを獲得している。ソ連からフランスに亡命して僅か2年後の1986年、54才で肺ガンによりパリで客死した。

上映作品は「ローラーとバイオリン」(60)、「僕の村は戦場だった」(62)デジタル・リマスター版、「アンドレイ・ルブリョフ」(67)、「惑星ソラリス」デジタル・リマスター版(72)、「鏡」(75)、「ストーカー」(79)、「サクリファイス」(86)の7本。会期中は沼野充義氏(ロシア東欧文学者)、須藤健太郎氏(映画批評家)によるトークイベントも予定している。6月26日~7月9日、渋谷ユーロスペースにて開催。

元記事で読む