1. トップ
  2. グルメ
  3. 〈緑区〉かき氷の季節がやってきた!隠れ家カフェ「鬱花(うっか)」の絶品かき氷

〈緑区〉かき氷の季節がやってきた!隠れ家カフェ「鬱花(うっか)」の絶品かき氷

  • 2021.6.9
  • 2956 views

こんにちは、リビング地域特派員のあかーぬです。近頃すこし汗ばむような日が多くなってきましたね。暑くなってくると食べたくなるスイーツといえば…そう、かき氷! そこで、緑区にあるカフェ「鬱花」のかき氷を紹介させていただきます!

緑区の隠れ家カフェ「鬱花(うっか)」
出典:リビング名古屋Web

緑区鳴海町にある「鬱花(うっか)」は、地元でも人気の和カフェで、友人との会話でもたびたび話題にのぼるお店です。 初めて行く方は少し見つけづらいかもしれません。5差路の角、石垣の上に緑に囲まれた古民家風の建物です。 最寄り駅は名鉄「鳴海」駅。駐車場は店の前と、その右側の階段の上にありますが、お昼時は満車になることがあります。

緑に囲まれたテラス席
出典:リビング名古屋Web

「鬱花」の魅力のひとつが、緑に囲まれたテラス席です。周りは静かな住宅街でゆったりとしています。自然を感じながら木陰で気持ち良く過ごせそう。

レトロでおしゃれな店内
出典:リビング名古屋Web

店内は趣のあるランプやステンドグラスのインテリアがお洒落です!レトロな雰囲気が落ち着く空間で、ホッと一息。暗めの照明が外の日差しを忘れさせてくれます。

鬱花のかき氷は夏季限定
出典:リビング名古屋Web

かき氷は夏季限定となっており、時期により種類は異なります。筆者が訪れた際はぶどうとパインがありました。こちらは氷メニューの「ぶどう」960円(税込)。 たっぷりの氷が盛られた器が、おごそかに出てまいりました。荘厳な佇まいです!

かき氷に、生の果汁をたっぷりと。
出典:リビング名古屋Web

かき氷には、シロップとフルーツのピューレが添えられています。フルーツのピューレはフレッシュな生のぶどうが皮ごと入った、濃厚な果汁。少しとろみを感じました。これを、惜しげもなくたっぷりと氷にかけましょう!

ふわふわジューシーなフルーツ氷
出典:リビング名古屋Web

さっそくいただいてみると…ふわっとした口当たりの氷に、ジューシーな果汁が口の中で溶け合います!つぶつぶとした歯触りも心地よい。 甘みが足りないと感じた方はシロップをかけてもいいですが、正直いって、かけなくてもピューレの甘さだけで十分でした。

止まらない美味しさ
出典:リビング名古屋Web

食べ進めていくと中からぶどうが出てきました。量が多いかなと思いきや、食べ始めると止まらず、器に残った汁もごくごく飲みほせちゃう美味しさなのでした。これは食後でも食べられます!

トッピングでミルク50円(税込)、アイスクリーム100円(税込)がつけられますので、これもぜひ食べてみたい。夏には人気の桃のかき氷も登場予定だそうです。

鬱花で極上のかき氷を
出典:リビング名古屋Web

「鬱花」でお食事と一緒に楽しんでいただきたいのが、個性あふれるこだわりの器たち。舌も目も楽しませてくれるでしょう。

また、かき氷と共に人気なのが、ヘルシーで本格的な季節の御膳。数量限定のためお昼には売り切れになりますので、御膳を食べられる場合はぜひご予約を。 この日は、行ったのが遅くすでに売り切れていました。次回は御膳も食べたいと思います!

暑い日は、隠れ家カフェ「鬱花」でひんやり極上のかき氷をいかがでしょうか。

<店舗情報> 鬱花(うっか) 住所:愛知県名古屋市緑区鳴海町宿地66-1 アクセス:名鉄 鳴海駅より徒歩約14分 電話番号:052-622-2826 営業時間:10:00~18:00 ※ランチ (御膳)は11:30~、そのほか食事は10:00~ ランチタイムの席の予約は『季節の御膳』のみ可。

元記事で読む