1. トップ
  2. インテリア
  3. アレキサンダー・ジラードの復刻小物で、部屋を彩って。

アレキサンダー・ジラードの復刻小物で、部屋を彩って。

  • 2021.6.9
  • 1092 views

1950年創業のスイスの家具メーカー、ヴィトラ。その2021年春夏コレクションに、ミッドセンチュリーのアメリカデザイン界を牽引したデザイナーのひとり、アレキサンダー・ジラードによる名作「セラミック コンテナ」と「ジラード バード」の復刻版が加わった。

アレキサンダー・ジラードは、無駄な装飾を削ぎ落とした、ミニマルでシンプルな古典的モダニズムに対して、日々の暮らしに遊び心や楽しさを提案した。今回復刻を果たした「セラミック コンテナ」にも、ジラードのそんな想いが表現されている。オリジナル版は、彼自身が旋盤を用いて木で作られていたが、ヴィトラはオリジナルの形にならい、セラミックコンテナを開発。ジラードならではの色彩感覚を表現したアイスグレー、オーベルジュ(ナス色)、クリームの3色のカラーバリエーションで展開する。

左から:「セラミック コンテナ No.3」¥22,000、「セラミック コンテナ No.2」¥19,800、「セラミック コンテナ No.1」¥23,100

もうひとつの復刻品は、ちょっと不思議なオブジェ「ジラード バード」。1940年代半ば、アレキサンダー・ジラードは、ガラスや発泡ゴム、段ボール、流木、合板や無垢材など、さまざまな素材を用いた彫刻シリーズの試作を残した。今回、ヴィトラが復刻した「ジラード バード」のオリジナルであるリンゴの木を手で削って作られた鳥の彫刻もそのひとつ。ヴィトラデザインミュージアムのアーカイブとして保管されていたオリジナルの木製オブジェが、フランス原産の無垢のメープル材を素材として現代に蘇った。抽象的でありながらユーモラスに鳥を表現したデザインは、ブックスタンドとして、オブジェとして自由な発想を促してくれそう。

オブジェ「ジラード バード」¥30,800

●問い合わせ先:ヴィトラtel : 0120-924-725(フリーダイヤル)www.vitra.com

元記事で読む