1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 丸洗いOK&ささくれない!北欧風バスケットで楽しむおしゃれ収納&使い方

丸洗いOK&ささくれない!北欧風バスケットで楽しむおしゃれ収納&使い方

  • 2021.6.9
  • 3596 views

ナチュラルなかごをインテリアに使いたいけれど、ホコリが溜まると取り除きにくいことや、ささくれが気になるという方も多いのではないでしょうか?まるで北欧の白樺かごのような「Timb.(ティム)」は、そんな欠点を補ってくれる丈夫な素材で作られているアイテム。器や収納用品として、さまざまな使い方ができます。

樹脂製で気軽に扱える、白樺かごのような収納アイテム

テーブルの上にある、花やパンが入れられたかごや、カウンターやボックスで使われているボックスの数々。こちらは、スタイリッシュかつ機能的な収納アイテムのブランド「stacksto,(スタックストー)」が展開するアイテムのひとつ、「Timb.(ティム)」です。
北欧で伝統的に使われ続けている白樺かごのようなデザインで、ナチュラルですっきりとした印象が素敵ですよね。

木でできているように見えますが、実は独自に開発された樹脂製の「TENESQUE(テンネスク)」という素材を編んで作られています。木材に比べて水や湿気に強く、しなやかな質感で、ささくれることもないのが大きな特徴です。さらに、食品を入れられる安全な素材のため、キッチンや食事をとるテーブルでも使うことができます。

温かみのある天然素材のかごは好きだけれど、「気楽に洗ったりできないから、ホコリが溜まってしまいそう」「引っかかりや木くずが気になるから、入れるものが限られてしまう」といったことが気になっている方にもおすすめです。

形やサイズが豊富で使い方もさまざま

Timb.はオーバルやレクタングルなど形が豊富で、サイズが複数用意されているものもあります。カラーはIvory・ Black・natural・Marronの4色展開(一部色数が限られるものもあり)。さまざまな用途で使うことができるので、いくつかの種類と使用例を見てみよう。

果物や野菜、植物などを入れたいオーバル

楕円形のオーバルは、丸みを帯びた形がやさしげ。
キッチンやテーブルで果物や野菜を入れておいてもなんだかかわいらしく見え、料理をするのが楽しくなりそう。その際、ザルのようにしてそのままシンクで洗うことができるのが便利です。
水濡れも水洗いもOKなので、植物の鉢カバーにしたり、ガーデニング用のグッズをしまっておいたりするのもおすすめ。

オーバル 4色展開
S 1,650円(税込)
M 2,200円(税込)

ボックスのように統一感が出せるスクエアやレクタングル

正方形のスクエアや長方形のレクタングルなど、角形のアイテムはボックス感覚で使えます。
複数を横並びにしたり、棚の引き出し代わりにしたりすると、統一感のあるインテリアに。リビングではもちろん、湿気に強いのでキッチンや洗面所など水まわりの収納としてもぴったりです。レクタングルは4つのサイズがあり、小さめのサイズは小物入れに、大きめのサイズは食品のストック入れやランドリーボックスとしても使うことができます。

スクエア 4色展開
M 2,200円(税込)

レクタングル 4色展開
S 1,650円(税込)
M 2,750円(税込)
M-L 2,970円(税込)
L 3,850円(税込)

深さのあるタイプや取っ手付きはインテリアのポイントに

深さのあるラウンドTは、大きめな植物を飾ったり、バゲットなど長くてボリュームのあるパンを入れたりすることができます。ホームパーティーなどでテーブルに置けば、グッと目を引くはず。

取っ手付きのベリーピックは、まさにかごそのものといったデザイン。果物やパンを詰めたら、室内でもピクニック気分を味わえそうです。ふきんやタオル、ストールなどの布小物を入れておくだけでもおしゃれ。手芸が好きな方は毛糸を、ガーデニングが好きな方はそのグッズを入れて、見せる収納を楽しんではいかがでしょう?

ラウンド 3色展開(ブラック以外)
T 各2,970円(税込)

ベリーピック 4色展開
M 各4,070円(税込)

温かみと実用性を兼ね備えたTimb.でインテリアを楽しもう

ご紹介したアイテムは、stacksto,のオンラインショップや楽天などの取扱店で購入することができます。

木製のような見た目で、実際には木よりも丈夫なTimb.。水濡れや汚れを気にせず気軽に使いながら、北欧風のナチュラルなインテリアを目指すことができます。温かみのある部屋づくりに、ぜひ役立ててみませんか?

writer / ゆりか photo / stacksto,

取材協力

stacksto,(スタックストー)
http://stacksto.com/

元記事で読む