1. トップ
  2. メイク
  3. 【マスクでも夏でもテカリに負けない!】【テカらない・崩れない】最強ベースメイク術2021

【マスクでも夏でもテカリに負けない!】【テカらない・崩れない】最強ベースメイク術2021

  • 2021.6.9
  • 4437 views

Georgeさんがレクチャー! 1日キレイが続く本気のベースメイク術

「ただでさえ暑くてメイクしたくないのに、下地の使い分けなんて面倒!」と思う気持ち、わかります。でも実践すればきっと納得。Georgeさん秘伝のテクなら本当にテカらないから!

田辺花穂

使うアイテムはこれ!

【下地】

「毛穴が目立つところは皮脂も過剰になりがち。凹凸があるとファンデもムラになるので、毛穴をつるっとなめらかにする下地と、皮脂をコントロールする下地を使い分けることで、テカリも毛穴もカバーしていきます。重ねるのではなく部分使いするので厚みも出ません」(Georgeさん・以下同)

【A】タンイドル ウルトラ ウェア ブラー
【A】タンイドル ウルトラ ウェア ブラー

¥5500/ランコム

【B】プリマヴィスタ スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉
【B】プリマヴィスタ スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉

SPF20・PA++ 25ml ¥3080(編集部調べ)/花王

【リキッド&スポンジ】

「皮脂だけじゃなく乾燥もくずれる原因になるから、ここでは美容液をたっぷり配合したリキッドファンデを選択。乾燥による皮脂浮きを防ぎ、夏特有のインナードライ状態を回避します。余分なファンデが肌にのらないよう、最後に厚手のスポンジでなじませるのがコツ」

【C】プリズム・リーブル・スキンケアリング・グロウ
【C】プリズム・リーブル・スキンケアリング・グロウ

全12色 30ml ¥7150/パルファム ジバンシイ

【D】スムースフィットスポンジ
【D】スムースフィットスポンジ

¥418/ロージーローザ

【パウダー】

「下地とファンデでつくった、せっかくのツヤ感を失ってしまわないように、仕上げのパウダーはマットすぎない質感のものを選択。ヴェールをかけるように、皮脂分泌の盛んな部分を中心に磨き塗りします」

【E】ディオールスキン フォーエヴァークッション パウダー
【E】ディオールスキン フォーエヴァークッション パウダー

全4色 ¥7700/パルファン・クリスチャン・ディオール

水系成分25%配合だから、粉なのにしっとり。

【フィックスミスト】

「仕上げのミストは霧が細かいものを選んで。肌に均一に吹きかけられます」

【F】ドラマティックミスト
【F】ドラマティックミスト

60ml ¥1760(編集部調べ)/マキアージュ

ファンデや眉、チークの薄れも防止。

【お直しセット】

「粉をつけ足すとかえってヨレやすくなるので、水分補給&コンシーラーだけにしてツヤっぽく仕上げます」

【G】トーンパーフェクティング パレット
【G】トーンパーフェクティング パレット

全2色 ¥4950/コスメデコルテ

【H】モイストシャインミスト
【H】モイストシャインミスト

6ppm 120ml ¥7480/レカルカ

HOW TO MAKE-UP

【STEP1】下地はゾーンで塗り分けて皮脂が出やすい部分をきっちりカバー

「部位で皮脂の分泌量は変わるから、全顔をひとつの下地でカバーするのは無理があります。テカリ防止、毛穴カバーと部分別に使い分けたほうがくずれも少ない。頰など乾燥が気になる部位には保湿系下地をさらにプラスして」

\日焼け止めは先に塗っておいて!/

田辺花穂 【A】タンイドル ウルトラ ウェア ブラー【B】プリマヴィスタ スキンプロテクトベース 塗り方

毛穴に押し込み塗り

「Aをそのまま肌につけず、指先に薄くとって毛穴が目立つ部分に埋めるようにつけます。頰は斜め上に軽く引っ張ると塗りやすくなります。フラットになるまでなじませましょう」

「毛穴埋め」田辺花穂 【A】タンイドル ウルトラ ウェア ブラー

こめかみのテカリを阻止

「Tゾーンには皮脂コントロール効果の高い下地Bを部分塗り。サラッとした感触に仕上がるので、汗や皮脂が多いこめかみに薄く塗ります。鼻の頭や目尻、あごまわりにも塗布」

「皮脂抑制」田辺花穂 【B】プリマヴィスタ スキンプロテクトベース
【STEP2】仕込みのパウダーでテカリを防止

「小回りのきく平筆にEを含ませ、こめかみや目頭の横のくぼみ、小鼻など、光らせたくないところに粉をつけます。きめの細かいサラサラパウダーなら粉っぽくなりません」

凹凸のある部分でも平筆ならピッタリと

田辺花穂 【E】ディオールスキン フォーエヴァークッション パウダー

粉を仕込むのは光らせたくない部分

田辺花穂 【E】ディオールスキン フォーエヴァークッション パウダー
【STEP3】リキッドファンデも極薄塗り。顔の外側にはほぼ塗りません!

「汗や皮脂が過剰に出るこめかみや生え際は、必ずヨレるのでファンデを塗りません。鼻の横から頰など、毛穴や色ムラの気になるところだけ指の腹でスタンプ塗りしていきます」

この部分はスポンジでなでるだけ!

田辺花穂 この部分はスポンジでなでるだけ!

Cのファンデ1プッシュ分を手に出したら、逆の手の中指にとり頰・額にスタンプ塗り。塗り終わったら水を含ませたスポンジDで押さえて、ファンデをフィックスさせる。

田辺花穂 【C】プリズム・リーブル・スキンケアリング・グロウ【D】スムースフィットスポンジ 塗り方

顔の下半分はスッキリシャープに見せたいので、あご先からこめかみに向けて斜め上に引き上げるように塗布。こちらも仕上げに水を含ませたスポンジで余分な液をオフして。

田辺花穂 塗り方

手の甲や手のひらに出しておいたファンデを水スポンジに含ませて、鼻まわりに塗布。そのあとフェイスラインや目の上にも薄くスポンジでなでるようにつけていく。ヨレやすいゾーンはファンデも薄くするのがお約束!

田辺花穂 鼻・目元・顔まわり
【STEP4】仕上げのパウダー&ミストでしっかりフィックス!

「平筆タイプのチークブラシにEをよくなじませてから、ヴェールをかけるように磨き塗りします。フェイスブラシより細かいところまで行き届くのでおすすめ」

田辺花穂 【E】ディオールスキン フォーエヴァークッション パウダー 使い方

「Tゾーンや鼻の横はもちろん、唇の下まできっちり粉をのせていきます。筆を寝かせるのではなく、立てたまま肌をなでるようにして軽くつけると、ほどよくツヤが出てキレイな肌に仕上がる」

\ミストFは顔から10〜15cm離して吹きかけて!/

田辺花穂 【F】ドラマティックミスト 使い方
日中のお直しは──

「潤い」と「ツヤ」でカモフラージュするのが正解!

「余分な皮脂や汗をまずはティッシュオフ。ファンデのヨレを取り去りつつ、表面に浮いている脂分を調整します。こすらず、優しく押さえるのがポイント」

田辺花穂 ティッシュオフ

「夏の肌はエアコンなどで乾いていることが多いので、乾燥くずれを防ぐためにもHのミストで水分補給。手のひらでなじませるとヨレが出るので、触らずに」

田辺花穂 【H】モイストシャインミスト

「ニキビ跡やクマなど、色ムラが気になる部分はGの右上のオレンジコンシーラーで隠すと自然です。基本的にお直しでは粉は使わず、指で押さえてなじませて」

田辺花穂 【G】トーンパーフェクティング パレット

撮影/城健太(vale./人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/George スタイリング/秋永知香 モデル/田辺花穂(VOCEST!) 写真協力/Shutterstock 取材・文/穴沢玲子 構成/西村美名子

元記事で読む
の記事をもっとみる